性別なんて大した問題じゃないし!

アンバー・ハードだけじゃない! 自身に誇りを持つ、バイセクシュアルの美女セレブたち

KristenStewart03.jpg
サイ女ではスニーカー女として愛されているクリステン・スチュワート

 ジョニー・デップとの離婚騒動で、あらためて話題となっているアンバー・ハード。アンバーはバイセクシュアルであることを公言しており、ジョニーと交際する前は女性アーティストと熱愛していたが、先日、彼女とは名字まで変えた事実婚状態だったことが判明した。バイセクシュアルのセレブは実は意外と多い。それも、アンバーのように美しく魅力的な女性が「男性にも女性にも惹かれる」というケースが多いのだ。今回は、そんな「バイセクシュアルの美女セレブ」たちを紹介しよう。

■クリステン・スチュワート

 ヴァンパイア・ブームを巻き起こした映画『トワイライト』シリーズでヒロイン役を演じ、世界的スターとなったクリステン・スチュワート。映画で共演したロバート・パティンソンとの熱愛も大きな話題となったが、2012年に出演した映画『スノーホワイト』の監督と不倫したことで破局。大きくイメージダウンした。一度はロバートと復縁したものの、最終的に別れたクリステンはしばらく新恋人を作らずに、「ロバートを引きずっているようだ」とウワサに。そんな彼女に、昨年、新たなロマンスが報じられた。その相手は女性。パーソナルアシスタントのアリシア・カーガイルだった。

 当初は仕事上の関係と見られていた2人だが、ベタベタしている姿がパパラッチされ、「ひょっとして、クリステンはバイ!?」とタブロイドは報道。同年6月には、クリステンの母親が、アリシアはクリステンの恋人だと認め、「娘はとても幸せそうだから、恋人が女性だとしても問題ない」と祝福。その2カ月後、クリステンは、カルチャー誌「Nylon」のインタビューで、アリシアとの交際を聞かれ、「Googleに聞いてみなよ。わたしはなにも隠してないし」と回答。バイセクシュアルであることを認めた。クリステンは、「3~4年もすれば、みんな他人がゲイかストレートかなんて知る必要ないって思うでしょうね」ともコメント。なにを大騒ぎしているのかという彼女の姿勢に、「すばらしい!」という声が多く上がった。思いがけず、イメージ回復につながった。

■エヴァン・レイチェル・ウッド

 07年当時交際していたマリリン・マンソンのMVで「血まみれセックスシーン」を披露し、物議を醸した、美人女優エヴァン・レイチェル・ウッド。11年には、エヴァンは男性誌「エクスクァイア」のインタビューで、「わたしは男性とも女性とも付き合うわ」「女性と付き合う時は、男性っぽく振る舞うわね。仕切りたいタイプだし、夕食の支払いもする。そう、わたしはロマンチストなのよ」とカミングアウトし、世間を驚かせた。その翌年、エヴァンは俳優のジェイミー・ベルと結婚したが、2年で離婚。その後は、女優のキャサリン・メーニッヒと交際するなど、男女問わず、好きになった相手と、自由な恋愛を謳歌している。エヴァンは、Twitterでも「バイセクシュアルが受けている差別」について発言するなど、セクシュアリティを起因とする障害を取り払おうと積極的に活動。若いLGBT(レズ・ゲイ・バイ・トランスジェンダーらのセクシュアルマイノリティ)層から絶大なる支持を受けている。

■アンナ・パキン

 11歳の時に出演した映画『ピアノ・レッスン』でアカデミー助演女優賞を受賞したアンナ・パキン。その後、『X‐メン』シリーズのローグ役で再びブレイクし、ヴァンパイア・ドラマ『トゥルー・ブラッド』で人気を博した。そんなアンナが、バイセクシュアルだとカミングアウトしたのは、ドラマで共演したスティーブン・モイヤーと婚約中の10年4月のこと。「全てのセクシュアリティに平等の権利を」と求める団体のウェブサイトで、「わたしはバイセクシュアルです」と告白したのだ。この頃は、まだバイセクシュアルは偏見に満ちた目で見られていたため、人気女優であるアンナのカミングアウトに世間は騒然。サイトのサーバーがダウンする騒ぎとなった。アンナはこれについて、「別にすごい秘密ってわけじゃなかったんだけど」「役に立てると思ったから、今回カミングアウトしただけで」とさらっと説明。好感度をアップさせた。

 アンナは、その後スティーブンと結婚し、12年に双子を出産。14年に出演したトーク番組で、「もうバイセクシュアルじゃないんだね?」と質問され、「確かに、今、わたしは幸せな一夫一婦の結婚生活を送っている」とした上で、「でもわたしは今もバイセクシュアル。妻でいても、母親でいても、誰と付き合おうが、別れようが、死別しようが、なにをしていても、セクシュアリティっていうのは、そう簡単にコロコロ変わるもんじゃないし」と説明。その説得力ある言葉で、セクシュアリティに悩む人を勇気づけた。

レズでもバイでもいいよ、大切な人がいれば。

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  11. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  12. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー