[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・二宮和也、連載コラムが波紋! 担当者にKAT-TUNファンから批判続出のワケ

2016_ninoaka.jpg
ニノとライターのうっとり加減が持ち味の連載よ

 女性誌「MORE」(集英社)8月号に掲載された嵐・二宮和也の連載「it(一途)」の内容が、ジャニーズファンの間で物議を醸している。二宮は5月のコンサートをもって“充電期間”に入ったKAT‐TUNについて触れつつ、「ほかのメンバーがひとりでも抜けたら、もう、嵐はやらない。解散でいいと思う」などと語っているが、取材を担当したライターのTwitterにメッセージを送るファンが続出するなど、波紋を呼んでいる。

「今号の連載テーマは『過去なんて』というタイトルで、二宮はこれまでの仕事について『振り返る必要がない』と前置きした上で『グループが解散するとか、大きな変化があったとしたら別』と、持論を展開していました。これを受け、インタビュアーが『たとえば、KAT‐TUNのように充電期間に入れば、振り返る必要性もあるということ?』と質問し、そこからKAT‐TUNの活動休止に話が及びました」(ジャニーズに詳しい記者)

 二宮はインタビュアーから「もし、ニノがKAT‐TUNと同じ立場に立たされたらどうする?」と問われると、自身は「嵐をやめる」という意思がないと話すなど、KAT‐TUNメンバーの決断を尊重しながらも、嵐への愛が感じられる言葉を並べていた。また、「恩義があれば、やめようなんて発想は出てこないよね」「やめるっていうのは、それを仇で返すことになっちゃうから」などと、本音を吐露している。

 嵐ファンからは、「ニノの『一途』、嵐への強い想いが伝わる。嵐を好きで良かった」「嵐を好きな人は読んだ方がいい」などと感激の声が上がる一方、KAT‐TUNのファンはインタビュアーが「充電期間」について話を振ったことに疑問を感じる人も少なくないようで、「『同じ立場に立たされたらどうする』という言い方は……」「どうしても『立たされたら』って辺りがひっかかる」などと、手厳しいコメントが噴出した。

「連載の取材・文を担当した芳麗氏のTwitterには、『KAT‐TUNについてそんな軽く聞かないで』といった意見が寄せられており、本人は『軽くきいてません。愛をもって聞いてます。でも、傷つけてしまったなら、胸が痛いです』などと謝罪のメッセージを返しています。とはいえ、芳麗氏はKAT‐TUN・亀梨和也が『MAQUIA』(集英社)で連載している『亀カメラ』の担当ということもあり、KAT‐TUNファンの中には『双方を知る芳麗さんが二宮に聞くのは自然なことだと思う』と擁護する人や、『芳麗さんだからこそ書けた記事なのかな』などと、本人のTwitterに宛ててお礼の言葉を送っている人も見受けられました」(同)

 こうしたファンからのさまざまな意見に対し、芳麗氏は雑誌発売翌日の6月29日に「何を書いてもいろんな受け取り方をする人がいますよね。そんなの自由です。でも、こちらが深くまで切り込む時は、双方の対象にそれだけの愛情がある時だけ」などと、ツイートしていた。

 ジャニーズ内でもそれぞれの形があるように、ファンの考えも千差万別。今回のインタビューは、二宮や連載の担当者に悪意はなかったにせよ、KAT‐TUNファンは複雑な気持ちを抱いてしまったようだ。

「立たされた」はまあ、意図的にネガティブな言い回しよね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!