登録審査通過率30%! 今日飲みたい人に出会うアプリ「JOIN US」で6人に会ってきた

みなさんこんにちは、みほたんです。女友達に「飲みに行こう!」と誘ってはことごとく断られ、断られるだけならまだしも既読スルーまでキメられて、彼氏どころか女友達もいないのかな? と気づき始めてしまいました。

「今日はどうしても誰かと飲みたい」
「気軽かつ確実に異性と会えるツールがほしい」

そんな時に重宝するアプリが「JOIN US」です。第一回の【成婚率No.1、サブカルに優しい「マッチングアプリ」はどれ!? 出会いのセミプロが身を削って真剣調査!】でも紹介しましたが、最近アップデートされてより使いやすくなったようなので再び活用してみました!

◎最新版機能に感動

「JOIN US」はFacebook経由でログインし、“その日飲みに行きたい人”を探すアプリで、ログインすると近くにいる同じく“今日飲みたい人たち”がランダムで表示されます。写真・名前・年齢の他に、自分の現在地から何km離れている場所に今いるのか、何分前にログインしているかなどもわかります。

相手に対してできるアクションは2つ!「Good Vibes」というマッチングアプリのイイねボタンのようなものを送るか、アプリ内でメッセージやスタンプを送るかです。マッチングアプリではないので、Good Vibesを送りあってマッチしたらメッセージを送れる~などのわずらわしい段階がなく、とにかく近場で「飲もうぜ!」と言ってる人にダイレクトに話しかけることが出来るという超お手軽アプリ! しかし、お手軽な分、会員登録審査の通過率はわずか30%という狭き門であることも有名です。

最近のアップデートで追加された機能は、「今日の飲み方」というタグが設定できるようになったところ! 「一緒に飲みたい相手」「希望シチュエーション」「お支払い」「食べたいもの・飲みたいお酒」「あなたのスタンバイ状態」「時間のリミット」「NGなこと」「あなたの気分・状況」から今日の飲みスタイルをあらかじめ表明しておくことができるようです。

タグをいくつか設定することで【「男子と」「サクッと」「終電まで」】【「女子会」「イタリアン」】など求めているものをアピールできるというわけです! 中には「2対2」「3対3」というタグもあり、これを使って即席合コンすることもできちゃいますね。

支払いに関しても「おごります」「割り勘」などがあり、会計時に気まずくならない仕組みです。JOIN USにはリリース当初「男性が率先してスマートに会計する」という説明文もあり、男性がご馳走する前提だったはずなのですが、会計の時に「じゃあ2500円ね~」ときっちり割り勘で請求されて一瞬テンパったことがあります。うん、別に最初からわかってたらいいんだよ!

さて。JOIN USを使って実際に会った方々はこんな感じでした。

1人目は、位置情報が0.3kmと表示されていて、すぐに飲みに行くことが決まった会社経営者の40代後半男性。しょっぱなから経営者! さすが審査通過率30%! 飲んでいたところのすぐ近くに住んでいるとのことで少し警戒もしましたが、終始紳士的。しかし、昔の恋人の話から派生してだんだん婚活相談のようになってきて、気まずくて2時間で解散しました。さすがに一回り上の男性のガチ相談は辛い……しかも初対面……。

2人目は、1人目の方と飲んでる最中に同時進行でアポ取りを進め、深夜2時ごろから飲みに行きました。待ち合わせ時に、購入したてのトイレットペーパーを持っていたこと以外はごくごく普通のいでたち。「近所から来ました~」って感じでものすごくラフだし、同い年だし、有名企業とか経営者というわけでもないみたいで、今度は「審査通過率30%」の謎を感じました。明け方までバーで飲んで、特に進展なくサクッと帰りました。

3人目はIT系のサブカルイケメン! 実は他のマッチングアプリでメッセージのやりとりをしたことがあり、すぐに同一人物だと気づいて「飲みましょう!」とこちらから誘いました。激安居酒屋×割り勘でしたが、見た目がタイプの人とこんな簡単に飲めるんだからまぁいいか……。お店の目の前がラブホでドキドキしましたが、これまた何事もなく終電解散!

そして4人目は、またまたIT系。今度は年下です! 近くにいるようだったのでお誘いすると、何と「こっち3人になっちゃうんですけど大丈夫ですか!?」。あ~もうここまで来たら行くしかない! と単身で乗り込んだ結果、「IT系男子会にうっかり紛れ込んでしまった女」となりました。最近のマッチングアプリの話題で盛り上がり、安い居酒屋で飲んでからそのまま解散かと思いきや、みんな楽しくなっちゃって沖縄バーになだれ込み、最終的には「過去に自分が一番輝いた瞬間はいつか」という暑苦しいテーマで深夜まで語り合いました。

さすがに「もう帰ろう」と会計をすると、今度は「じゃ、みんなで○○さんの家行きましょう!」「お前らは床で寝ろよ~」と完全にサークルノリ。いやいやいや、行かないよ! あ、そういえば初めてJOIN USで会った人に家誘われた……けど、私が想像してたのはこんなのじゃない!!!

以上、全然色っぽい思い出は生まれなかったのですが、私はJOIN USが好きなんです! なぜなら、何度も言うように本当に手軽だから! そして、女子側から誘うと“ほぼ確実”に異性と出会えます。

◎より活用するためのポイント!

・その日に飲みに行けなくても連絡先を交換する

JOIN USは、その日のやりとり履歴が次の日にはリセットされてしまうので、もし当日に会えない場合は、アプリ上で連絡先を交換しておかないと次に繋がらないのです。ただ、最初から「今日はもう遅いのでまた後日行きませんか?」「LINE交換しませんか?」など、もはや“その日飲みに行きたい人”という本来の目的からは逸れたナンパ的な使い方をしている男性も一定数います。特に平日の22時以降はこの手のメッセージが多い!

・GoodVibesの無駄な送り合いはいらない!

「とりあえずGoodVibesを送る」って人が多すぎる! こちらが返してもそのまま何もなし……というパターンもざらにあります。この「お誘いが来るの? どうなるの?」って待ってる時間が無駄すぎる! 相手の位置情報が出ているので「何時からどこどこで飲みませんか?」とグイグイ提案したほうが話は早いです。気軽に「飲みに行こう」からコミュニケーションが始まるので、何人かと同時進行でやりとりを進めている人がほとんどだと思います。なので「この人と飲みたい!」と思ったら詳細を詰めて誘い、さくっと進めるべき!

ちなみに。ウェブ界隈でちょっと有名な人もたまに見かけるので、面白い人と飲みに行ける可能性もあるかも……。そういう意味でも楽しめるアプリです!

基本的に近くにいる人が表示されるので、上手くいけば次にも繋がりやすいと思いますが、身長とか職業とか年齢のフィルターはかけられないので、自分の好みを絞って出会うことは難しいです。しかも、1日に表示されるのは、男女合わせて大体30人くらい。これはアタリを引くまで日々コツコツと気長に続けるしかありません!

アップデートしてより使いやすくなったJOIN US。今まで以上に活用していこうと思います! でも、どうしても最近マッチングアプリ系では異性としての好みよりも、面白そうな業界の人を選んでしまう……! そして、マッチングアプリの話をして盛り上がってしまう!! 極めすぎたのか? いや、そこから始まる恋もあります……よね!?

■みほたん/自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 メンバーそれぞれが難点を持つアイドルOTAFUKUガールズの貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム