その他
2年でブレークは終了か

福士蒼汰、フジ大型ドラマ『モンタージュ』7%台の大爆死! “低視聴率俳優”の決定打に?

hukusisouta_teimei.jpg
福士蒼汰オフィシャルサイトより

 今、最も旬といえる若手俳優・福士蒼汰の主演ドラマが相次いで爆死し、当面脇役に追いやられそうな気配となってきた。

 福士は4月期、日本テレビ系連続ドラマ『お迎えデス。』(土曜午後9時~)で、2度目のゴールデン帯での連ドラ主演に臨んだ。ヒロインには、旬の若手女優・土屋太鳳が起用され、強力タッグを組んだものの、全話平均視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と爆死してしまった。

 間髪を入れず、福士はフジテレビが総力を結集した大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚』(6月25日・26日、午後9時~)で主演したが、その視聴率は前編(25日)が8.3%、後編(26日)が7.7%で惨敗を喫した。両日共、強力な裏番組がなかっただけに、事態は深刻。西田敏行、唐沢寿明、香川照之、夏木マリ、遠藤憲一らの大物俳優陣が、脇を固めていたが、視聴率にはつながらなかったようだ。

 福士といえば、NHK朝ドラ『あまちゃん』(2013年前期)で、主役・能年玲奈の高校の先輩で恋人役を演じブレーク。準主役を務めた『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系/14年10月期)では、主役・綾瀬はるかの年下の彼氏役を好演し、全話平均16.0%という高視聴率をアシストし、評価を高めた。

 しかし、15年7月期には、『恋仲』(フジテレビ系)で、ゴールデン帯初の連ドラ主演を務めたものの、全話平均は10.7%でかろうじて2ケタ台。フジの看板・月9ドラマ枠としては、さびしい数字に終わった。

 そして、今回の『お迎えデス。』『モンタージュ』の不振で、福士の潜在視聴率には疑問符が付く形となった。むろん、ドラマは脚本の出来や、キャストとの兼ね合いもあるため、福士1人の責任とはいえないが、当面、各局は連ドラの主役起用に慎重になりそうだ。所属事務所の研音としても、“低視聴率俳優”とのレッテルを貼られるのを避けるため、当座は映画に軸足を置くか、ドラマに出演するとしても、主役級のオファーは受けない判断を下すことになるかもしれない。

 さしあたって、福士は12月に公開予定の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』での主演が決まっている。映画出演は、昨年3月公開の『ストロボ・エッジ』(有村架純とのW主演)以来。まだまだ23歳と若く可能性を秘めた福士だけに、ほとぼりがさめるまでは、映画出演やドラマの脇役に徹するのが賢明かもしれない。
(森田英雄)

フジが主演に抜てきして、止めを刺したワケか

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク