その他
2年でブレークは終了か

福士蒼汰、フジ大型ドラマ『モンタージュ』7%台の大爆死! “低視聴率俳優”の決定打に?

hukusisouta_teimei.jpg
福士蒼汰オフィシャルサイトより

 今、最も旬といえる若手俳優・福士蒼汰の主演ドラマが相次いで爆死し、当面脇役に追いやられそうな気配となってきた。

 福士は4月期、日本テレビ系連続ドラマ『お迎えデス。』(土曜午後9時~)で、2度目のゴールデン帯での連ドラ主演に臨んだ。ヒロインには、旬の若手女優・土屋太鳳が起用され、強力タッグを組んだものの、全話平均視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と爆死してしまった。

 間髪を入れず、福士はフジテレビが総力を結集した大型スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚』(6月25日・26日、午後9時~)で主演したが、その視聴率は前編(25日)が8.3%、後編(26日)が7.7%で惨敗を喫した。両日共、強力な裏番組がなかっただけに、事態は深刻。西田敏行、唐沢寿明、香川照之、夏木マリ、遠藤憲一らの大物俳優陣が、脇を固めていたが、視聴率にはつながらなかったようだ。

 福士といえば、NHK朝ドラ『あまちゃん』(2013年前期)で、主役・能年玲奈の高校の先輩で恋人役を演じブレーク。準主役を務めた『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系/14年10月期)では、主役・綾瀬はるかの年下の彼氏役を好演し、全話平均16.0%という高視聴率をアシストし、評価を高めた。

 しかし、15年7月期には、『恋仲』(フジテレビ系)で、ゴールデン帯初の連ドラ主演を務めたものの、全話平均は10.7%でかろうじて2ケタ台。フジの看板・月9ドラマ枠としては、さびしい数字に終わった。

 そして、今回の『お迎えデス。』『モンタージュ』の不振で、福士の潜在視聴率には疑問符が付く形となった。むろん、ドラマは脚本の出来や、キャストとの兼ね合いもあるため、福士1人の責任とはいえないが、当面、各局は連ドラの主役起用に慎重になりそうだ。所属事務所の研音としても、“低視聴率俳優”とのレッテルを貼られるのを避けるため、当座は映画に軸足を置くか、ドラマに出演するとしても、主役級のオファーは受けない判断を下すことになるかもしれない。

 さしあたって、福士は12月に公開予定の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』での主演が決まっている。映画出演は、昨年3月公開の『ストロボ・エッジ』(有村架純とのW主演)以来。まだまだ23歳と若く可能性を秘めた福士だけに、ほとぼりがさめるまでは、映画出演やドラマの脇役に徹するのが賢明かもしれない。
(森田英雄)

フジが主演に抜てきして、止めを刺したワケか

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー