「再婚相手は見つかった?」発言は、礼儀の問題ではなく単純にセクハラだということを、党首も誰も指摘しなかった

 6月19日に行われた「ネット党首討論」で司会者として登壇していた古市憲寿氏が、「生活の党と山本太郎となかまたち」の代表・小沢一郎氏に投げかけた「再婚相手は見つかったんですか?」という質問がいま話題になっています。

 既にネットでは多数のバッシング記事やSNSでの言及が出てきていますが、改めて経緯と問題点をまとめたいと思います。

 冒頭の質問に対し小沢氏はいらだちを抑えつつ「今日のテーマと関係あるのか」と返答します。その後、古市氏は、スタッフに手渡された手紙を見ながら「読んだほうがいいですか? 小沢代表に対し、失礼な発言をしました。撤回して心よりお詫び申し上げます」と謝罪(?)し、その後、「マニフェストからは見えない、人格を見ることに意味がある。聞き方は失礼だったかもしれない」と続けます。

 この態度は誰からみても謝罪といえるものではありません。当然小沢氏が納得するはずもなく、「それはあなたがたの釈明ではない。党首討論と関係ないことをいうなんておかしい。お詫びをするならきちんとしなさい」と叱責しました。

 古市氏はネット討論終了後、ハフィントンポスト日本版の取材に対し「馬鹿にする意図はない。小沢氏の発言が少なかったこと、近況を知りたかったこともあり、あのような質問をした。各党首の人柄を浮かび上がらせたいという意図があった。小沢氏だけでなく他の党首にも同様の質問をしたかった。それができなかった。反省してる」と答えています。

 筆者は、古市氏の発言を聞いたとき「これはセクハラではないのか」と思いました。セクハラというと、男性が若い女性に対して行うもの、というイメージが強くあります。しかし広義のセクハラは「性的嫌がらせ」を意味するもので、年齢や性別は関係ありません。男性が高齢の女性に対して「性的嫌がらせ」を行えば当然セクハラですし、女性が男性に、あるいは同性間で行われるものも問題視されるべきです。

 今回は若い男性(古市氏)が、高齢の男性(小沢氏)に対して、非常にプライベートな話題(再婚)を、ふさわしくない場(党首討論)で行ったわけで、嫌がらせに他ならないものだと私は考えます。「再婚相手は見つかったのか?」という質問は、よっぽど親密な関係でない限り、ふさわしい場などないとも思いますが。古市氏は「人柄を浮かびあがらせたかった」と発言していますが、人柄をみたかったのであれば他の質問はいくらでもあったはずです。「政治家の人柄を見るために、セクハラをしてもいい」というのはまかり通らないでしょう。

 6月24日、「生活の党と山本太郎となかまたち」の公式サイトにおいて「株式会社ドワンゴ及び古市憲寿氏への抗議の通知」として、「株式会社ドワンゴ及び古市憲寿氏に対して正式な謝罪並びにその公表を求める」ことを表明しています。

 党首討論後、ひとまずは謝罪(?)、自己弁護(?)をした古市氏ですが、ことの重大さを理解していなかったようです。

 6月26日、古市氏はほぼ準レギュラーとして何度も出演している『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、「確かに失礼だった。自分の言葉で謝らないと意味がないと思っていたのに、スタッフに『このまま読んで欲しい』と謝罪文を手渡されたことへの反発があり棒読みをした」と本件を振り返っています。ダウンタウンの松本人志氏は「受けていたらこうなっていなかった。ナイスファイトだった」と擁護。「ただ、質問がスベっていた」と話してスタジオが盛り上がる中で古市氏は「その通りで」と答えます。

 古市氏は「スベっていなければ、あの質問は問題なかった」と考えている、ということなのでしょうか? これは、セクハラに抗議する人間が周囲から「ノリが悪い」と冷ややかな目でみられる問題と同根だと私は考えます。

 さらに「なぜあの場にいた他の党首は古市氏の発言に苦言を呈さなかったのか」とも思います。与党はともかく(本来はそうではないのですが)、共闘中の民進、共産、社民の党首が問題を指摘してもよかったはずです。そのことは格好の政治アピールにもなったでしょう。番組の進行を妨げないためにしなかったのでしょうか? 私は、出来なかったのだろうな、と思っています。古市氏の発言にセクハラとして問題があることに誰も気づいていなかったのだ、と。

 さて、本日27日、「生活の党と山本太郎となかまたち」公式サイトにおいて小沢氏は「私たちは今、選挙戦の真っ只中で、日々国民の皆さまに自らの政策を訴えています。19日のニコニコ動画主催の党首討論も、政策のぶつけ合いという事で真剣に臨んでいた中での出来事でした。後日、ダウンタウンの松本人志さんとのやりとりの中で、古市氏が自分の言葉でお詫びをしたかったと言われたのをお聞きしました。私たちはもう前を向いています。古市憲寿氏におかれましても、将来ある有能な方ですので、是非前を向いて頑張っていただきたいと思います。応援しています」という声明を発表しています。選挙前の忙しい時期に、これ以上古市氏とやりあっても何の意味もないことに気がついたのでしょうか。

 人柄が露呈したのは、むしろ古市氏だったのかもしれません。それは、いまさらのことなのかもしれませんが。
(水谷ヨウ)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  5. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  6. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  9. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  10. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. テレビとギャップありなジャニーズ
  14. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  15. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  16. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー