ガッツが突然消えた……

『めちゃイケ』、ビュッフェで手づかみシーンに批判噴出! 「食べ物で遊ぶな」「不快」と炎上

1606_mechaikeenjo_01.jpg
『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)公式サイトより

 25日放送のバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で、出演者たちが手づかみで食事をするといったシーンが放送され、ネット上で「下品すぎる」と批判が噴出している。

 その企画は、「オ・サール高校創立6ヶ月記念 初めての修学旅行」。ナインティナインの岡村隆史や、キングコングの梶原雄太、FUJIWARAの原西孝幸といった猿顔のタレントたちが集められ、“サル力”の高い行動を競い合った。そこで出演者一同は、レストランのランチビュッフェに移動して、各々の方法で昼食をとったのだが……。

「出演者たちは最初、お皿を使って料理を取ろうとしたのですが、すかさず司会の矢部浩之が『猿なら皿を使うな』と指示。以降は、全員が手づかみで料理を食べていきました。これには『食べ物で遊ぶな!』『店の食べ物を手で触るなよ』『見ていて不快』などと視聴者から非難が噴出。さらに配膳台の上に梶原が飛び乗る場面もあり、『食べ物が載ってるテーブルに土足で乗せるとか、ドン引き……』という声も上がったほか、原西がドレッシングの入った瓶に直接口をつけたことにも『飲食店でこれはない』と批判が出ていました」(芸能ライター)

 さらに梶原が、食事をとっていた客にからみ、お皿を取り上げてコーヒーをテーブルにこぼすシーンも。すると矢部が「一般の方だからやめろ」と制止し、一般客だと気付いていなかった梶原は「本当にすみません」と真顔で謝ったが、「迷惑すぎる」「ガチにしろヤラセにしろ、つまんなすぎて逆に笑える」「普通の客がいるところで、手づかみで食べていたの?」などと視聴者の反応は呆れまじりだった。

「番組にはガッツ石松も参加していたんですが、途中でちゃんとした説明もなく姿を消してしまい、これには『下品すぎて、ついていけなかったんじゃない?』など、製作側となんらかのトラブルがあったのではと推測する声もありました。スケジュールの都合や脚本の指示だったとも考えられますが、『企画自体が不快、子どもにも悪影響』と非難轟轟の内容だっただけに、ガッツが怒って帰ってしまった可能性は大いにあります」(同)

 「視聴率獲得のために、わざと炎上させてそう」という声が上がるほど、頻繁に炎上している『めちゃイケ』。いよいよ打ち切りが近づいているのだろうか?

ガッツが最も普通の人だった模様

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  2. 村主章枝、フルヌード解禁も苦情殺到
  3. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  6. 二度と仕事したくないAKB48メンバーは
  7. 坂口杏里、AVの“Amazonレビュー激減”
  8. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  9. 関係者が密告「性格悪い」芸能人
  10. 石原さとみの顔はエロいのか?
  11. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  12. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に
  13. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超
  14. 安藤美姫、ビキニ姿にアンチ爆発
  15. 韓国大企業の汚職を暴くドラマが話題
  16. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  17. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  18. 中居正広、仕事は好調、結婚も近い!?
  19. 自称「満ち足りた男」を暴く爽快感
  20. 小嶋陽菜、乃木坂に激怒のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  2. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  3. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  4. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  5. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  5. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?

海外ゴシップの人気記事

  1. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  2. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  3. マザコン? 奇声? 伝説に残るアカデミー賞スピーチ
  4. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと