その他
【ジャニーズ研究会レポート】

Jr.佐久間大介が『三宅健のラヂオ』へラブレターを送るも、三宅は「もう送ってこないで」!

 これまで当サイトで何度も報じてきた、V6三宅健とジャニーズJr.内ユニット「Snow Man」の佐久間大介の不思議な関係。佐久間が猛アプローチをかけるものの、三宅がそれを嫌がるという構図は、2人が出会った『滝沢歌舞伎2016』から続いており、その様子はラジオ番組『三宅健のラヂオ』(bayfm)でも半ばお約束となっていた。もちろん三宅のその態度は、いわゆる“嫌よ嫌よも好きのうち”であって、周囲のメンバーなどからも簡単に見透かされている。

 Snow Manの阿部亮平は「Wink up」2016年7月号(ワニブックス)にて、「たまに健くんがおまえ(佐久間)に甘えているときない?」と暴露したほか、5月13日の舞台中には京本大我が「健く~ん健く~ん、と雨雲のようにやってくる佐久間大介の声がすると、うれしそうに扉を開けひょこっと顔を出す健くん」と口上を述べていた。Jr.たちから見ても、三宅は佐久間に好意的なよう。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク