「AKB48のライブはファンすら価値なし!?」オリコン上半期CDランキング上位独占も“DVDは圏外”のナゼ

akb0129.jpg
撮影=岡崎隆生

 24日、「オリコン2016年上半期ランキング」が発表され、「シングル部門」でAKB48の44thシングル「翼はいらない」(キングレコード)が売上148万枚で1位、43rdシングル「君はメロディー」が売上129万枚で2位となり、6年連続で1・2位を独占。さらに、姉妹グループであるSKE48、NMB48、HKT48のシングルも、それぞれ30万枚前後を売り上げ、トップ10入りを果たした。

 相変わらずの“国民的アイドル”ぶりを見せ付けたAKB48グループだが、一方で50位まで発表されている「ミュージックDVDランキング部門」及び20位まで発表されている「ミュージックBlu-ray部門」を見ると、AKB48および姉妹グループの作品は1つも見当たらない。

 ちなみに、AKB48が上半期にリリースした音楽DVD及びBlu-rayは、『第5回 AKB48紅白対抗歌合戦』『TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー ~47の素敵な街へ~』『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』『AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016』の4タイトル。加えて、姉妹グループも、それぞれコンサートを収録した映像作品をリリースしており、それぞれの冠番組などでは、DVD及びBlu-rayのCMが繰り返し流れている。

 また、「上半期ミュージックDVDランキング」50位の倖田來未のライブ作品の推定累積売上数は1万1,832枚、「ミュージックBlu-rayランキング部門」20位のEXOのライブ作品は1万9,993枚であり、AKB48及び姉妹グループの映像作品は、これを下回る売上数ということになる。

 確かに、同グループのシングルCDに対し、握手券や投票券目当てに複数買いするファンがいるのは周知の事実。だが、数万人規模の会場で全国ツアーを行っているAKB48の映像作品が、ここまで“売れない”ということは、ありえるのだろうか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク