やると思ったフジテレビ

藤田ニコル、“選挙特番”出演にブーイング! 「投票用紙にハート」発言が物議醸すワケ

1606_nikoru_01.jpg
藤田ニコル公式プロフィールより

 藤田ニコルが、7月10日の選挙特番『みんなの選挙』(フジテレビ系)に、新たに選挙権を得た10代の代表としてスタジオ出演することが発表された。「選挙の番組っていっつもつまんない! だから、にこるんが出ることで、少しでも同世代の子が選挙に興味をもって見てくれたらうれしいです」と、本人は意気込んでいるが、ネット上では「フジが考えそうなことだ」「安直すぎるキャスティング」「なぜおバカキャラで売っているタレントを選挙特番に呼ぶの?」などとブーイングが巻き起こっている。

 同番組には、メインMCの宮根誠司のほか、フジテレビアナウンサー・伊藤利尋、ニュースキャスター・安藤優子、さらに国会議員の追っかけが趣味だと語る春香クリスティーンが出演予定。このメンバーを見る限り、藤田のトンデモ発言に、ほかの出演陣がツッコむといった構成がネット上では予想されている。

「藤田は先日、イベント『若者投票率大阪No.1 ULTRA VOTE PROJECT』に出演。公式サイトには、『ちちんぷいぷい』(毎日放送)でニュース解説を担当する石田英司との対談も公開されているのですが、『投票用紙の名前にハートを書いたらだめなの?』『18才くらいの子は“(笑)”とかつけちゃいそう』などと、ぶっ飛び発言をしており、Webニュースでもこの部分が取り上げられていました。藤田自身が、どういったモチベーションで選挙にまつわるイベントに登場しているかは定かではありませんが、『主催者側やそれを取り上げる側が、藤田にとんちんかんなことを言わせようとしているのでは?』と、疑問に思う者も少なくないようです」(芸能記者)

 ネット上では、18歳選挙権導入をめぐるPR活動について「10代が小バカにされている」「10代はものを知らないと思われてない?」といった批判がよく上がっている。

「東京都の公式YouTubeチャンネルにアップされ、『カオスすぎる』と話題になった、ぺこ&りゅうちぇるが出演した選挙PR動画『18歳選挙権 動画広告“TOHYO都編”』も問題視されています。『10代の子も興味を持ってくれそう』『都の公式動画なのに、はっちゃけすぎてて面白い』などの高評価がある一方、『年寄りが頑張って、若者にウケようとしてスベってる』『18歳を対象としているのに、まるで子ども向けじゃん』といった批判コメントも寄せられています」(同)

 人気タレントを使っての選挙PRに、嫌悪感を示す人は少なくないようだが、フジの選挙特番も、10代をバカにしたような演出のオンパレードになってしまうのだろうか?

おじさんたち、もう18歳の頃の記憶がない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!