[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐、ついに三代目JSBに抜かれた! 上半期ライブDVD売り上げ枚数で雪辱の2位

15arashi_orange.jpg
嵐が握手券つけたら、城が建つほど売れちゃうよ?

 23日に発表された「オリコン2016年上半期ランキング」の「アーティスト別トータルセールス(ATS)」部門で、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが初の1位を獲得したことがわかった。15年上半期に1位だった嵐は今回2位という結果。人気や勢いともに三代目に押され気味と心配されていた嵐だが、ついにオリコンのデータ上で、“敗北”してしまった。

 オリコンの発表によれば、三代目は音楽ソフト(シングル、アルバム、ミュージックDVD、ミュージックBlu‐ray Disc)の上半期総売り上げが76.9億円にも上り、全8部門中5冠に輝くという快挙を達成。

「対する嵐の総売り上げは53.4億円で、トップの三代目に大きく引き離されてしまいました。嵐は、上半期にアルバムを出していないため、この数字はしょうがないともいえますが、ライブDVD&BDの売り上げ枚数でも、三代目が勝っています。三代目が昨年12月に出した『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2015「BLUE PLANET」』は62.8万枚、対して、嵐が今年1月に発売した『ARASHI BLAST in Miyagi』は54.6万枚でした」(芸能ライター)

 しかし、いくら三代目の人気が爆発しているとはいえ、ここまで数字を伸ばしているのには理由があるという。

「三代目など、EXILE系列のグループは、ファンに同じ作品を複数購入させるような手法を取っていることで有名です。一方の嵐は、よく収録内容が違う初回版と通常版を2パターン出していますが、複数買いすることで何か特典がもらえるなど、“あこぎ”と見られかねない商法はしない方針。例えば、『ARASHI BLAST in Miyagi』は、初回版の方が通常版より封入特典が多い仕様。一方、『三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2015「BLUE PLANET」』は、初回の特典が豪華なことに加え、オフィシャルファンクラブ&モバイルサイトからの購入で、ネックストラップかB3サイズポスターのどちらか1つを選択でき、さらに店頭やネット販売サイトからの購入だとB2サイズポスター付きと、複数の特典をバラバラに展開していました」(レコード会社関係者)

 つまり熱心なファンは、特典をコンプリートするために、同一内容のDVD、BDを複数購入しなければいけない。

「三代目といえば、CDにスクラッチカードをつけ、特賞が当たると、コンサート終演後のバックヤードに招待されるという特典商法が有名です。生であこがれのメンバーに会えるとあって、それはもうファンは熱心にCDを購入していますよ。三代目だけでなく、EXILE一族は総じて特典商法に熱心ですが、もし嵐が同じことをやったら、三代目とAKB48の総売り上げを足しても、間違いなくかなわないでしょうね。三代目は、数字の面だけでは嵐超えを果たしたかもしれませんが、現実の人気度はまだまだ嵐の方が優勢なのでは」(同)

 かつては、どんな芸能プロよりも数字や結果に注視していたジャニーズ事務所は、こうした現状をどう受け止めているのだろうか?

バックヤードには入りたくない、ただ、5人だけの空間を覗き見たい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク