一方、依存症治療に前向きだったとの証言も

「全てを終わりにしないと……」、プリンスの遺書らしきメモが見つかったと米メディアが報道

「全てを終わりにしないと……」、プリンスの遺書らしきメモが見つかったと米メディアが報道

 今年4月21日、ミネソタ州の自宅兼スタジオ「ペイズリー・パーク」のエレベーター内で死亡しているのが発見されたプリンス。現場から処方された鎮痛剤オピオイドが発見され、「プリンスは、長年、激しいダンスを踊ってきた結果、股関節を損傷し、痛み止めを飲んでいた」と報じられた。痛みに苦しんだが、敬虔な「エホバの証人」の信者だった彼は、輸血を受けられないため手術は拒否。強い鎮痛剤でごまかしてきたという。  警察は、自殺や殺人の線は薄いとしながらも司法解剖を行い、今月2日に、プリンスの死因は「鎮痛剤フェンタニルの過剰摂取(OD)による中毒死」「故人が自ら摂取したものだが、自殺ではなく不慮の死」と断定したことを発表。「エホバの証人」では自殺をご法度としているため、「プリンスの死因は不慮のものだったのだ」と世間は納得した。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「全てを終わりにしないと……」、プリンスの遺書らしきメモが見つかったと米メディアが報道のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブのニュースならサイゾーウーマンへ!