影響は予想以上に大きかった

AV出演騒動の新田恵海、休業も!? 出演アニメのキャラ声優も交代か

2016nittaemi.jpg

 「キャスト交代の可能性が出てきたそう。休業という事態だってあるかもしれない……」。そう話すのはアニメ関係者。いったい誰のことかといえば、「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)の報道に端を発したAV出演騒動のあの人――。アニメ『ラブライブ!』から生まれたユニットμ’sではセンターを務め、『NHK紅白歌合戦』に出場、さらには東京ドーム公演まで成功させた声優の新田恵海である。

■所属レコード会社の親会社が激怒

「極端な話ですが、そういったものに過去に出ていようが、ルールというか倫理的には気にしないファンや関係者もいると思うんです。それこそ、今の演技や歌声が素晴らしければ」(アニメ関係者)

 一連の記事や映像が出た後も、新田はライブやリリースイベントなどへの出演を続けていた。しかしながら、一気にさらなる暗雲が立ちこめる意外な決定打があったという。それが、所属レコード会社の親会社。同社はアニメにも出資している。

「5月のことですかね。予兆がありました。『1本だけという話が、2本目も出てきた』『嘘だったのか』みたいな理由で上層部が怒っていたんです。『レコード契約も終えるつもりだったんだ』という感じのことまで……。それだけ例の件が発覚するまでの新田さんの価値を評価していた裏返しでは?」(同社開発関係者)

 いまいちわかりずらいが、これはどういう意味のやりとりなのだろうか?

「わかりません。どう解釈するかはそれぞれってことで。1本目までは不問だったのでしょうが、さらに別の映像が後日ネット上に出てきた。ユーザーへの影響を考えるとこれにはさすがに……ということなんですかね?」(同)

 実際のところ、現状における新田の出演作の多くが同社関連作品であり、CDのタイアップも事業の一環である。

「今秋までにレコード契約が終わるみたいで、更新されずにそれを区切りにいったん休みに入るかもしれないそうです。となれば、これまで彼女が演じてきたキャラクターも別の声優が担当することになる場合も」(前出・アニメ関係者)

 猛プッシュしてくれていた最大の後ろ盾も失ってしまえば、彼女を取り巻く状況はさらに厳しくなる。

「さすがに“あのイメージ”がついてしまっているから、拾ってくれるレコード会社もおそらくない。思い切って休むことにするのも賢明な選択かもしれませんね。出続けてもいろいろとウワサされてしまいますし、そうなると本人が心身ともに、もたないでしょう」(同)

 音大出身で歌の実力は一級品だけに、イベントなどファンと直接の接触や絡みがない、ナレーションなどの声の活動や、あまり表には出ず音楽活動だけに絞った歌手として再生する可能性はあるかも!?

たかがAV、されどAV

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク