その他
【ジャニーズ研究会レポート】

プレッシャーを感じてた!? キスマイの“シェアハウス”で藤ヶ谷太輔が格差売りへの本音を吐露

 6月22日に、デビュー5年目、5枚目のオリジナルアルバム『I SCREAM』をリリースしたKis-My-Ft2。“5”に関連して、『I SCREAM』では5つの企画に初挑戦している。「メンバー全員がセルフプロデュースでソロ曲とミュージックビデオを発表」「メンバー7人の共同作業で初めての作詞に挑戦」などの企画の中でも、発売前からファンが注目していたのが、「メンバー7人で初めての『シェアハウス』」(「初回生産限定2cups盤」に収録)。飾り気のない7人の仲睦まじい様子が宣伝用のSPOT映像で流れ、ファンの期待を高めていた。

 実際の映像には、沖縄の邸宅を一晩借りて、本音をぶつけ合う姿が収められている。シェアハウスに着いたメンバーは、それぞれリラックスした様子でバーベキューやエイサーを楽しんだ。就寝前には全員でキャンプファイヤーを囲み、会話に花を咲かせる。そこでは、普段は語らないような話題が続々と飛び出した。

 ジャニーズJr.時代から一緒にいるメンバーだが、その頃から一番変わらないのは宮田俊哉だと、全員の意見が一致。「変われなかった気がする」という宮田だが、北山宏光は、“オタクキャラ”を出した頃が宮田の転機だったと指摘。そこで二階堂高嗣が「オタ芸、なんでやろうと思ったの?」と質問すると、宮田はきっぱり「生き残る術」とドヤ顔。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク