仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

X JAPAN・Toshlの語る「再結成エピソード」に、「洗脳が解けてない」と感じてしまうワケ

sennoutoshl.jpg
『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「YOSHIKIとは幼稚園の頃から一緒なので」Toshl
『ダウンタウンなう』(フジテレビ系、6月17日)

 海外のテレビ局が作成した、ある宗教の教祖についての番組を見たことがある。自分をキリストの再臨だと信じる青年が、第二次大戦後、共産主義国に布教に出かける。しかし、その内容が“反社会的”と判断され、思想犯として死の収容所送りとなる。共産主義者から、徹底的に拷問されて、共産主義への転向を強制されるが、青年はここで「思想をまったく変えてしまうこと」、つまり“洗脳”のやり方を学ぶ。収容所を出た青年は、この“洗脳”を取り入ることによって、教団を拡大させていく。本国はもちろん、日本やアメリカでも信者は増え、彼らは一切の財産を教団に寄付する。安物の宝石や壺を「先祖の因縁を鎮めるため」として法外な値段で売りさばく“霊感商法”は各国で問題視された。

 政治的なイデオロギーや信仰を、人は「内容の正当性によって、自分で選んでいる」と思っている。しかし、この番組を見ていると、条件が揃えば、人に洗脳されることはそう難しくないのではないかと思わされた。

 X JAPANのToshlも、巧妙に仕組まれた罠によって洗脳され、15億円もの大金を自己啓発セミナーにだまし取られたという。2014年に発売された『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)によると、Toshlは自分の舞台の共演者を選ぶオーディションで、妻となる守谷香と出会う。ほかの候補者は、「ワタシワタシ」と自分を前面に押し出していたが、守谷は終始控えめで、Toshlはそこに惹かれて相手役に抜擢する。

 守谷は、これまでToshlが出会った女性とは違っていた。Toshlをチヤホヤすることはせず、「死ぬときは手と手をつなぎ逝きましょう」という直筆メッセージ入りの短冊を渡す。ヘタな交通標語のようにも思えるが、X JAPANの世界進出など、いろいろと悩みを抱えていた時期だったため、Toshlはこの女性を信頼し、結婚。妻に連れて行かれた自己啓発セミナーで、「子どもの頃からの悲しい経験を話し合って泣く」「マットを自分をひどい目に合わせた人に見立てて、馬乗りになってナイフで刺す」「今度は自分が罵倒暴力を受ける」「ここはおまえの故郷だと抱きしめる」といった体験をし、Toshlはセミナー主催者に傾倒を深める。「X JAPANは諸悪の根源」と刷り込まれたことで、グループは解散。代わりに、Toshlは1日500円の食事代を渡され、セミナー主催者が作曲したCDを売るためのドサ周りを始めたという。

明菜と重なるところがあるわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー