でも今のフジには十分な数字

AKB48総選挙中継、本当は10.0%!? 運営の“数字トリック”に「子ども騙し」「詐欺」の批判

1606_sosenkyo_01.jpg
AKB48公式サイトより

 18日、AKB48の45thシングルの選抜メンバーを決める「第8回AKB48選抜総選挙」の結果が発表された。開票イベントの模様を中継した番組『第8回AKB48総選挙SP』(フジテレビ系)は高視聴率が話題になったのだが、そこで使われた“数字のトリック”に「人気があるように見せかけてるだけ」「詐欺じゃないか」と批判が続出している。

 同番組では、HARD OFF ECOスタジアム新潟で行われた総選挙の結果発表を生中継。1位がHKT48・指原莉乃だと発表された場面では、瞬間最高視聴率が19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、さらに「17.6%の高視聴率」だったことが報道されて話題になった。

「実は17.6%という視聴率は、ランキング上位の開票が行われた第3部の午後8時51分~9時24分のわずか30分程度のみ。第1部(午後6時30分~7時)は6.2%、第2部は8.7%(午後7時~8時51分)と2桁を割っていて、番組全体の時間で平均すると10.0%ほどです。それを知ったネットユーザーからは『子ども騙しの印象操作だな』『これで17.6%って煽るのは最悪』などと批判の声が上がっています」(芸能ライター)

 とはいえ、中には「数字のねつ造なんて今更だろ」という声も。昨年行われた「第7回AKB48選抜総選挙」の中継でも、第1部(午後6時30分~7時)が7.5%、第2部(午後7時~8時55分)が10.3%、第3部(午後8時55分~9時54分)が18.8%だったが、スポーツ紙などの報道では、第3部の視聴率ばかりが喧伝された。

「14年は、第1部(午後7時~9時22分)が16.2%、第2部(午後9時22分~11時10分)が11.4%。13年は、第1部(午後7時~9時15分)が20.3%、第2部(午後9時15分~11時10分)が13.2%。12年は、部に分かれておらず、午後7時~9時9分の放送で18.7%でした。こうしてみると、AKBへの注目度がいかに下がっているかがわかるのではないでしょうか」(同)

数字のトリックを使う手法は、総選挙だけでなく、昨年12月に発売されたシングル「唇にBe My Baby」でも見られたようだ。

「『唇にBe My Baby』は初動売上が伸び悩み、それまで21作続いていたAKBの初動ミリオンセラー記録が打ち止めになったのですが、そんな人気低下を隠すためか、シングルの総売り上げ枚数がB’zを超えて国内で歴代最高になったとの報道が賑わいました。マスコミ関係者の間では、『人気低下を隠すのに必死だね』とささやかれていたものです」(同)

 AKBに対しては「いつまで国民的アイドルを名乗るんだろう」「もうほとんどの人は興味失ってるでしょ」との声が多数寄せられている。人気に陰りが出てきている現状、見せかけだけでごまかす手法は、そろそろ限界なのかもしれない。

可愛いも人気も作れるのが芸能界ってやつよ!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー