[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・松本潤『99.9』、最終回19.1%も「盛り上がりゼロ」の声! 原因は「小ネタやりすぎ」!?

1606_99.9saisyukai_01.jpg
『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)公式サイトより

 嵐の松本潤が主演を務める人気ドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)が19日、最終回を迎えた。最終回となった第10話は、19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)という高視聴率を叩き出したものの、ネット上では「あっさりしすぎて最終回とは思えなかった」と落胆する声も上がっている。

 全10話の平均は17.2%を記録し、今年の民放連続ドラマの中で最大のヒット作になった『99.9』。第2話の19.1%が最高視聴率だったこともあり、最終回には20%超えの期待が寄せられていた。

「しかし、最終回の視聴率は自己最高“タイ”。最近NHK朝ドラ以外では、なかなかお目にかかれない高視聴率ではあるものの、20%超えを果たせなかったのは、第10話が“最終回らしからぬ”内容だったことが原因かもしれません」(芸能ライター)

 第10話では、松本演じる深山大翔が、連続殺人事件の容疑者・石川陽一(KAT‐TUN・中丸雄一)の弁護を担当。石川は、検察に連日深夜まで取り調べを受ける中で、意識が朦朧として、身に覚えのない犯行を「自分がやった」と認めてしまったという。そこで深山は、弁護士事務所の仲間・立花彩乃(榮倉奈々)や佐田篤弘(香川照之)と共に捜査を始める……という内容だった。

「視聴者は最終回で、深山の過去が掘り下げられることや、敵対する大友検事正(奥田瑛二)との決着を期待していたようです。しかし実際には『いつもと同じだよね。最終回の感じ、まったくないんだけど』『最終回の盛り上がり感ゼロ』『続編前提って感じ。大友との決着がついてないし』など、期待はずれという反応ばかり。そのため、ドラマの売りだった小ネタに関して、『小ネタをやるくらいなら、ストーリーをもっと練って!』という反発が上がってしまいました。続編を感じさせる内容に盛り上がるファンは多いものの、スッキリしない終わり方に、『続編をやるなら、脚本家を変えて』『ダジャレとプロレスと深山の料理シーンを削って』という注文も出ている始末です」(同)

 実際に続編が制作されるか否かはまだわからないが、視聴者側のハードルはかなり上がっている様子。果たして、再びテレビやスクリーンで、深山を見る日は来るのだろうか?

「松潤を大爆死させない」というTBSの悲願成就!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー