ビッグ・ショーンに続いてまたもや!

去年道端でカニエ・ウェストにラップを披露した男が、カニエの後押しでデビューアルバムを発売!

KanyeWest02.jpg
ハングリーな男が好きなんだけど、誰よりもハングリーなのは自分というナルシストのカニエ

 ヒップホップ界とファッション界において、たぐいまれなる才能を発揮し続けている、ラッパーのカニエ・ウェスト。己の才能に惚れ惚れしていることを隠さず発言し、世間を驚かすことが多い人物でもあるが、カニエはもともと天才的音楽プロデューサーとして業界での知名度を上げた男。その才能は、ジェイ・Zも高く評価している。

 そんなカニエが、昨年2月、若い白人男性の売り込みに応じる動画が、大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」で紹介され、大きな話題を集めた。これは、カニエが創設したレーベル「グッド・ミュージック」の契約アーティストであるラッパー、ビッグ・ショーンのライブが行われた後に撮影されたもの。

 カニエは店から出た直後、若い白人男性に「ラップを聞いてください!」とアプローチをかけられた。ボディガードは彼を止め、カニエをガードするのだが、カニエは「ラップか! 聞かせてくれよ、何小節か聞かせてくれ!」と快く受け入れ、パパラッチのカメラの前に男性を立たせた。男性は、自己紹介をしながら「チャンスをくれ、契約してくれ、オレの夢なんだ、つかめると確信してる夢なんだ、地元のダチにも宣言したんだ」と懇願するラップを披露。カニエは男性に「即興で、自分の言葉でラップしろ」とハッパをかけ、男性は必死で自己紹介を繰り返し、カニエに抱きつくような勢いでラップを繰り広げる。

 途切れることなく、軽快にラップし続ける男性に、カニエも熱心に耳を傾ける。そして、おもむろに、「下っ端からでもやれるか? アシスタントからだぜ?」と質問。男性は、「なんでもやります、勉強させてください!」と、わらをもつかむような表情に。カニエはそんな男性とがっちり手を組み、「そうだな。きっかけがなくっちゃな」と言って、自分の車に向かう。パパラッチに、「あなたの名前は?」と聞かれた男性は、「キャメロン・グレイっす!」と興奮した表情で言い、うれしさのあまり叫び声を上げる場面で動画は終了する。

 「下っ端から」と許可をもらい、自分の電話番号を書いた紙を渡すことにも成功したキャメロンだが、ネット上では、「まさかこれで契約なんて無理だろう」「カニエはパパラッチのカメラを意識して、イメージアップのために、ラップさせて気を持たせるようなことをしたのではないか」と疑惑の目で見られていた。

 そして時は流れて、今月18日。そんな、キャメロンのデビュー・アルバムがリリースされるという報道が飛び込んできたのだ。

そんなビッグ・ショーンはアリアナの元カレ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!