大爆死しなければいいけど

『暗殺教室』『ジョジョ』『銀魂』、「ジャンプ」作品の実写化続くワケ! さらにアノ人気作も?

takeru_ruroken.jpg
映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』公式サイトより

 企業ニュースリリース配信会社「ビジネスワイヤ」が配信した、人気漫画『ワンピース』が中国で実写映画化されるというリリース情報について、同作連載中の「週刊少年ジャンプ」を発行する集英社が、否定コメントを発表した。「原作者から16億円で版権を買い取った、主演は窪田正孝に決定などと、突拍子もない情報だったため、爆発的に拡散する前に、集英社が火消しをしたのでは」(芸能ライター)と、今回の件は早々と収束したが、一方で、ここ最近「ジャンプ」作品の実写化話は尽きない。

 Hey!Say!JUMP・山田涼介の主演でスマッシュヒットした映画『暗殺教室』が大きな話題を呼んだほか、現在関係者の間では、山崎賢人主演の『ジョジョの奇妙な冒険』、そして小栗旬主演の『銀魂』について、「実写化が決定した」といわれている。

「全ては2012年、14年に公開された、佐藤健主演映画『るろうに剣心』の大ヒットによる影響です。第1作が30.1億円、第2作の前編52.2億円、後編43.5億円と、漫画実写化作品では空前の興行収入を記録しました。出演者だけでなく、原作ファンも取り込むことができ、話題性も抜群とあって、映画業界では『第二のるろ剣を探せ』が合言葉になっていたほどです」(出版関係者)

 しかし、すでに情報が解禁されている作品を含めて、原作ファンの意見はほぼ「実写化反対」で占められている状況だ。

「『るろ剣』も、実写化決定の段階では、原作ファンから大ブーイングが巻き起こりました。しかし、フタを開けてみれば大ヒットですから、映画関係者も、情報解禁時点での炎上は、『むしろ話題作りとして最適』とみているようです。作品から遠ざかってしまっていた、かつてのファンまで取り込むことができるわけですからね。ちなみに、まだ発表にはなっていませんが、長年連載が続き、近々最終回を迎えるとみられる某『ジャンプ』作品も、すでに実写映画化が決定しています」(同)

 現在の映画界にとってはドル箱コンテンツだろうが、『進撃の巨人』や『テラフォーマーズ』など、宣伝費の回収すら怪しい爆死実写化作品もある。果たしてこのブームは、いつまで続くのだろうか?

リメンバー『こち亀』、リメンバー『ドラゴンボール』

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  17. 『カウコン』意外な舞台裏
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー