芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

takeru_ruroken.jpg
映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』公式サイトより

 企業ニュースリリース配信会社「ビジネスワイヤ」が配信した、人気漫画『ワンピース』が中国で実写映画化されるというリリース情報について、同作連載中の「週刊少年ジャンプ」を発行する集英社が、否定コメントを発表した。「原作者から16億円で版権を買い取った、主演は窪田正孝に決定などと、突拍子もない情報だったため、爆発的に拡散する前に、集英社が火消しをしたのでは」(芸能ライター)と、今回の件は早々と収束したが、一方で、ここ最近「ジャンプ」作品の実写化話は尽きない。

 Hey!Say!JUMP・山田涼介の主演でスマッシュヒットした映画『暗殺教室』が大きな話題を呼んだほか、現在関係者の間では、山崎賢人主演の『ジョジョの奇妙な冒険』、そして小栗旬主演の『銀魂』について、「実写化が決定した」といわれている。

「全ては2012年、14年に公開された、佐藤健主演映画『るろうに剣心』の大ヒットによる影響です。第1作が30.1億円、第2作の前編52.2億円、後編43.5億円と、漫画実写化作品では空前の興行収入を記録しました。出演者だけでなく、原作ファンも取り込むことができ、話題性も抜群とあって、映画業界では『第二のるろ剣を探せ』が合言葉になっていたほどです」(出版関係者)

 しかし、すでに情報が解禁されている作品を含めて、原作ファンの意見はほぼ「実写化反対」で占められている状況だ。

「『るろ剣』も、実写化決定の段階では、原作ファンから大ブーイングが巻き起こりました。しかし、フタを開けてみれば大ヒットですから、映画関係者も、情報解禁時点での炎上は、『むしろ話題作りとして最適』とみているようです。作品から遠ざかってしまっていた、かつてのファンまで取り込むことができるわけですからね。ちなみに、まだ発表にはなっていませんが、長年連載が続き、近々最終回を迎えるとみられる某『ジャンプ』作品も、すでに実写映画化が決定しています」(同)

 現在の映画界にとってはドル箱コンテンツだろうが、『進撃の巨人』や『テラフォーマーズ』など、宣伝費の回収すら怪しい爆死実写化作品もある。果たしてこのブームは、いつまで続くのだろうか?

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!