芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

1606yoshidayou.jpg
株式会社 ORANKUオフィシャルサイトより


 Hey! Say! JUMP・中島裕翔との熱愛報道以降、マスコミ取材から“逃走”する様子ばかり報じられている吉田羊。業界最大手のジャニーズ事務所に目をつけられたとあって、今後の芸能活動さえ危ぶまれていたが、10月クール、初の連続ドラマ主演を飾ることが内定したという。

「吉田は中島との“7連泊愛”を『週刊ポスト』(小学館)にスクープされ、女優生命に陰りが見えはじめたといわれていました。若手男性アイドル、しかもジャニーズ所属とあって、芸能界的にはタブー案件。御用達メディアや記者たちは、なぜか両者に『体の関係はなかった』など火消し報道を行っていました」(週刊誌記者)

 “7連泊”が報じられたのは、中島が7月期に主演する連ドラ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ系)の情報が解禁された直後だった。

「フジとジャニーズサイドは、『ポスト』が発売された直後に緊急ミーティングを行っています。情報解禁前に記事が出ていれば、急きょ主演を差し替えた可能性もあったはずです」(同)

 一方の吉田はその後、記者会見に出席した際、記者からの質問を封じるためか、会場内に大音量を流して“逃亡”する様子が何度も報じられることに。

「実は吉田も、報道が出る前の今年前半の時点で、10月期連ドラの主演オファーを受け、快諾していたんです。しかし、当然ジャニーズからの圧力によって、話自体が消滅してしまう危険性もあった。本人としても、相当の不安を抱えていたのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 そんな吉田が主演するのは、7月に波瑠主演の『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』がスタートするフジテレビ系の放送枠だという。

「中島との報道後、実は一度企画がストップしかけたんです。しかし、局側がジャニーズサイドにお伺いを立てたところ、『吉田の主演で問題ない』との回答だった模様。中島はジャニーズ事務所副社長・藤島ジュリー景子氏のお気に入りですが、ジュリーさんは政治的な圧力を嫌うタイプですからね。もし中島の担当がメリー喜多川副社長だった場合は、問答無用で企画ごと消滅した可能性も大いにありますが」(同)

 こうして、なんとか手中に収めた主役の座だが、発表から放送終了まで、幾度も吉田へのバッシングや報道が繰り返されるのは明らか。せめて演技力や内容、それに伴う視聴率で、ネガティブな声に一矢報いてほしいものだが……。

『DEAR.(初回限定盤2)(2CD)』 「圧力かけるにも値しない」という一番ホラーなやつでは…… amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!