あのXアナがカムバック!

“SEX写真流出”のXアナ、テレ東暴露番組MCに――『めざまし』降板後「引退できなかった」ワケ

2016yosodeiwan.jpg
『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける 料亭~』(テレビ東京)公式サイトより

 4月1日、司会を務めていた『めざましテレビ アクア』(フジテレビ系)を突如卒業したフリーアナウンサー・Xが、テレビ東京で7月7日より放送開始する深夜バラエティ『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』でMCを務めることがわかった。朝の番組から深夜帯へ大移動となったXアナだが、関係者によれば「たとえ世間から“落ちぶれた”と思われても、彼女には出続けなければならない理由がある」という。

 Xアナといえば、昨年9月の「フライデー」(講談社)に、生々しい“不倫SEX写真”が掲載され、大炎上。顔も名前も伏せられていたものの、ネットユーザーを中心とした調査・検証により、Xアナと特定され、その後もたびたび動向が注目されている。

「Xアナは周囲に対して『私ではない』と完全否定していたため、正式なコメントが発表されることもなく、表立ったペナルティも科せられなかった。しかし、騒動後しばらくして『めざましテレビ アクア』を降板させられたところをみると、フジからは厄介払いされたのかもしれません」(テレビ局関係者)

 Xアナの降板後、業界内では「このまま引退か」とささやかれるようになったが、このほど彼女は、深夜バラエティで返り咲くことになったようだ。

「Xアナが復帰する新番組は、テレ東で放送中の『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』のリニューアル番組。現在MCを務めるネプチューン・名倉潤と次長課長・河本準一は続投、番組内容もこれまで同様、スキャンダルを起こした著名人の暴露トークを展開していくといいます。2012年に生活保護不正受給問題でバッシングを受けた河本がMC陣の1人であることからも、Xアナが“イロモノ扱い”されているのは明らか。フジの朝の顔として活躍していたエリートアナ時代からすれば、“都落ち感”は否めません」(同)

 それでもテレビの世界にしがみついているのはなぜなのだろうか?

「Xアナは肝が据わっている女性なのでしょうね。それに、Xアナや所属事務所からすれば、『ここで引退すれば、それこそSEX写真が自身であると認めることになる』ため、ヘタにテレビから退けないという事情もあるのでは。不倫SEX写真は『私ではない』という主張を貫き通すために、彼女は深夜だろうが何だろうが、公の場に出続ける道を選んだというわけです」(同)

 新番組の内容的に、Xアナ自ら、不倫SEX写真騒動を彷彿とさせるようなきわどいエピソードが飛び出す可能性も高いだけに、初回放送から要注目となりそうだ。

Xアナから「撮らせちゃダメ、絶対」という力強いメッセージを受信

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー