"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第320回】

松方弘樹、30歳年下女性に“殉愛”疑惑? たかじん騒動と大きく異なる「金」事情

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

syujyo-matukata.jpg
「女性セブン」6月23日号(小学館)

 舛添要一東京都知事問題が佳境に入っている。ついに自民党が不信任案提出で、辞任か議会解散だ。いずれにせよ、舛添都知事辞職で全て一件落着というのではおかしい。多くの政治家が抱える政治とカネの問題を、マスコミは今後も舛添問題と同様の“異様な”熱意を持って報じられるのか。それが大きな問題だ。

第320回(6/9~14発売号より)
1位「松方弘樹 危急の病室! 30才年下愛人『もう誰にも会わせない』」(「女性セブン」6月23日号)
2位「能年玲奈 独立強行!『しくじり先生』もたまげる22才の皮算用」(「女性セブン」6月23日号)
3位「海老蔵 麻央に貫く『砕身愛』!」(「女性自身」6月28日号)

 世の中は公平ではない。芸能界、そして芸能マスコミはもっともっと公平ではない。それをまざまざと見せられたのが能年玲奈を巡る報道だ。

 朝の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)で大ブレークした能年だが、その直後にマスコミを賑わせたのが事務所とのトラブルだった。処遇をめぐって事務所に不満を持ち、独立を画策、さらに女性演出家に“洗脳“されたなどとさかんに報じられたが、そのほとんどが「能年がワガママ」「能年が悪い」といった能年バッシングだった。

 その理由は単純明快だ。能年の所属事務所が芸能界のドン・バーニングの配下だったことや、バーニング周防郁夫社長のお墨付きまであったことから怒りも増したのだ。しかも飼い殺し状態の能年があくまで独立の意向を示し続けると、今年6月末で事務所との契約が切れるため、今度は“能年引退”などとバッシング第2弾まで開始する始末。

 事実関係などどうでもいい。芸能界の掟や事務所に背いた能年は抹殺!! という恐ろしい状況だ。そんなバッシングも一段落したと思っていたら、またしても「セブン」に能年バッシング記事が掲載された。しかも、これまたかなり悪質な仕掛けが行われたものだ。

 記事では、事務所が能年のために動き、待遇面も改善したことが強調され、しかし能年がそれを受け入れなかったことが記されている。だが、この記事の鍵はなんといっても「BPO」だ。

 能年バッシングマスコミの中で唯一「能年サイド」に立ち取材を続けているのが「週刊文春」(文藝春秋)だが、同誌の6月9日号には女性演出家の弁護士によるこんなコメントが掲載された。

克基なんてヤフーニュースで入院知ったってよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー