[連載]悪女の履歴書

腐乱死体と生活、殺害を“美しい物語”にすり替える「ラストダンス殺人事件」の女殺人犯

akujyo-0620.jpg
Photo by amadeusrecord from Flickr

(事件の概要、プロフィールはこちら)

◎2人の分かれ目となった就職
 源一郎は卒業後、一度は就職したもののほどなく辞めてしまい、鎌倉で祖母が経営していた小料理屋の手伝いをしていた。しかし、実質的には何の働きもしていない状態だった。そのためか源一郎はクリエイティブな仕事や事業を興すと吹聴し、カメラマンやジャーナリストを目指したが、どれもものにはならなかった。しかし源一郎は母親から月18万円もの小遣いをもらい生活に不自由することはなかったという。

 自尊心が強く自己を強烈に主張するものの、現実には何もできないし、何者にもなれない。その焦りから精神的にも不安定になり、その鬱憤を晴らすように、さらに一葉に対する束縛を強めていった。それはある意味、大言壮語の裏にある、自分に自信がなく虚勢を張る源一郎の本質だったのかもしれない。

 源一郎の女友達は事件後、こんな興味深い証言をしている。

「女性に自分の理想を押し付けるひと。独占欲が以上に強く、しかも他人を試すことが好きだった」

 そんな関係が続く中、一葉は卒業を控えた昭和57年、実家を出て事件の舞台となる練馬にアパートを借り一人暮らしをスタートさせ、短い期間だったが源一郎と別れて別の男と同棲もした。それは3カ月という短い期間で破局を迎えたが、一葉はさらに新しい世界に飛び込んでいく。「日本リクルートセンター」(現リクルート)でアルバイトを始め、卒業後も引き続き同社で働くことが決まったのだ。

 一葉の就職は2人の関係にとって決定的だった。一葉にとって職場の環境、働く人々は新鮮な世界であり、それと比較することで源一郎が口先ばかりの“すがりつく男”として存在するようになったからだ。

 一葉は複数の上司とも関係を持っていたというが、こうした一葉の変化に源一郎は嫉妬や焦りを強め、会社にまで押しかけ待ち伏せまでした。束縛、モラハラに加えストーカーと化したのだ。

 だが一葉はこれを毅然と撥ねつけることはなかった。源一郎の行動に根負けするように、ヨリを戻してしまう。常軌を逸するほど執拗な源一郎と、押しに弱い一葉。一葉は相反する2つの思いを抱き続けたのだろう。源一郎から離れたいと思う気持ちと、結局は情にほだされ、また依存し合うズルズルとした関係から抜けられない自分。

 その後源一郎は、深夜の2時3時に車で練馬のアパートに週に何度も来ては、セックスをして朝方帰るようになった。社会人になった一葉は、自分を束縛するだけでなく、深夜たびたび訪れてきては体を要求し、生活態度などについて説教する源一郎に疲れ果てていた。この時、別れようと説得することにも諦めてしまった一葉は、一線を越えた。

美化した世界では悲恋のヒロイン……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー