ツッコミドラマにすらなれなかった

月9『ラヴソング』最終回に批判大噴出! 「脚本がクソ」「ビックリした」と視聴者あ然

1604_lovesong1_01.jpg
『ラヴソング』(フジテレビ系)公式サイトより

 13日に放送を終えた福山雅治主演の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)だが、最終回の脚本に猛批判が集まっている。

 この作品は、福山演じる元ミュージシャンで、現在は臨床心理士をしている神代広平と、吃音という悩みを持ちながら、歌うときは心のままに自分の声を出せる女性・佐野さくら(藤原さくら)が、音楽を通じて心を通わすヒューマン&ラブストーリー。

 第1話で、さくらが親友でルームメイトでもある中村真美(夏帆)の数カ月後に迫る結婚式でスピーチをするため、吃音を治したいと広平を頼るところから物語が始まる。

「さくらと真美はお互い児童養護施設で育った身。そんな2人の絆の物語も前半は丁寧に描かれ、さくらもスピーチのために『(吃音を)治したいんです。早く治したいんです』『治さないとダメなんです!』と必死でした。そのため最終回も、結婚式でのさくらのスピーチがクライマックスになるかと多くの視聴者は思っていたのですが、最終回の中でスピーチに費やされた時間はたったの2分。また挙式は屋外で行われたのですが、スピーチの後、真美に歌をプレゼントしている途中にあろうことか雨が降ってきて、挙式は中止になってしまったのです」(芸能ライター)

 ストーリーの柱であったはずの「吃音の克服」だが、なぜこれほどぞんざいな扱いになったのだろうか?

「7話で突然、さくらの喉に悪性の腫瘍が発覚。以後の物語は病気を治すことがメインテーマの1つになってしまったことで、吃音の克服によってスピーチを成功させる、という当初の彼女の目的は横に置かざるを得なくなったのです」(同)

 また、手術が成功しても声帯を残せる確率は10%という難手術にもかかわらず、最終回ではオペシーンが1秒もなく、手術の同意書にサインした後、CMが明けると、さくらはすでに手術を終えて病室で静養していた。

「通常のドラマであれば難手術を行う緊迫のオペシーンが入るのですが、そんなシーンもないとなると、結局、何のために病気を描いたのかわかりません。しかし、さらに視聴者が驚いたのは、その後のさくらの取った行動でした。彼女はいきなりアパートを引き払い、みんなの前から姿を消したのです」(同)

ましゃファン目線の感想文もお待ちしております

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!