日本のテレビ界は恐ろしい

“消えた朝ドラヒロイン”へ一直線!? 『OUR HOUSE』最大の被害者、シャーロットの惨状

ourhouse.jpg
『OUR HOUSE』(フジテレビ系)公式サイトより

 芦田愛菜とシャーロット・ケイト・フォックスのW主演で注目を集めたはずの、フジテレビ系連続ドラマ『OUR HOUSE』(日曜午後9時~)の最終回(第9話)が、6月12日に放送され、視聴率は自己最低の3.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。裏番組のテレビ東京『日曜ビッグバラエティ~ニッポン大行列の名店~並んでみたらスゴかった!~』(午後7時54分~9時48分)の3.6%にも敗れる惨状だった。

 これで、全9話の平均は4.5%となり、昨年7月期にオンエアされた“フジ伝説の爆死ドラマ”『HEAT』(フジテレビ系/EXILE・AKIRA主演)の平均4.1%と、さして変わらない結果となった。

 『OUR HOUSE』は、好調な『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系/嵐・松本潤主演)、人気バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)を裏に回して、初回から4.8%と、いきなりの「5%割れ」でスタート。第2話では5.0%と微増したが、第3話は4.0%、第4話は3.8%まで落ち込んだ。第5話では5.4%と持ち直し、第6話はバレー中継のため放送開始が午後10時になったことも幸いしたのか、自己最高の6.1%まで数字を上げた。しかし、第7話は4.2%と急降下。第8話は3.9%と2度目の3%台を記録。最終回は自己ワーストの3.3%に終わってしまった。

 フジの「日9」ドラマ枠は3年ぶりに復活したが、いきなりの爆死スタートとなり、7月期『HOPE~期待度ゼロの新入社員~』(Hey!Say!JUMP・中島裕翔主演)にも、大きな不安がよぎることになった。

 これまで、“天才子役”として、『マルモのおきて』(同、2011年/阿部サダヲとのW主演)など数々の主演ドラマで高視聴率を取ってきた芦田にとって、『OUR HOUSE』は忘れ去りたい“黒歴史”となってしまった。

 ただ、芦田以上にダメージが深刻なのがシャーロットだろう。14年度後期のNHK朝ドラ『マッサン』でのエリー役でブレークしたシャーロットは、終了後、民放各局が争奪戦を繰り広げた。その結果、テレビ朝日が獲得に成功し、シャーロットはスペシャルドラマ『名探偵キャサリン』(昨年9月5日放送)で主演を務めて、視聴率は11.6%とまずまず。その後、本国でミュージカル『CHICAGO』の主役に大抜擢を受け、同12月には東京、大阪で日本公演も行われるほどの“フィーバー”ぶりだった。

 ところが、3月20日に放送された『名探偵キャサリン』の第2弾は7.4%と2ケタ割れ、前回より4.2ポイントも数字を下げてしまい、民放初の連ドラ主演となった『OUR HOUSE』も大爆死で、もはや「需要なし」「一発屋」といわれても致し方なさそうな状況に陥ってしまったようだ。

 現在シャーロットは、6月4日に公開された映画『高台家の人々』(綾瀬はるか主演)に脇役として出演しているが、そちらも興行成績は苦戦中。シャーロットが、日本から姿を消し、“消えた朝ドラヒロイン”になる日も遠くないかもしれない。
(森田英雄)

芦田プロ、次に会えるのはいつだろう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!