【うわさの会見場から】

関ジャニ∞・大倉忠義、“ジャニーズタブー”に触れた!? 「記事にできる?」とマスコミ騒然のワケ

ookura-oooku01.jpg
すみません……この子貴族なんですよ

 関ジャニ∞の大倉忠義が、自身が出演する『疾風ロンド』(阿部寛主演、11月26日公開)のクランクアップ会見に出席。その途中、大倉はジャニーズタブーに自ら触れ、報道陣をざわつかせたという。

 大倉は同作でD‐BOYSの志尊淳と共演。撮影中のエピソードを聞かれると、隣の席についていた志尊を横目に、「監督から『ここはジャニーズの良さを出してくれ』と言われるシーンもあった。横にD‐BOYSがいるのでね、ジャニーズvs D‐BOYSだなと。負けないように頑張りました」とライバル心を明かしたのだ。

「日本の芸能界では、ジャニーズ以外の男性アイドルは存在自体が半ばタブー。男性アイドルユニットを作ろうとしても、ジャニーズ事務所の圧力によって潰されてしまうことが業界慣習となっています。例えば、似たような男性アイドルユニットが生まれたとしても、ジャニーズがテレビ局側に『そのユニットを出演させるならば、ジャニーズタレントは出させない』などと圧力をかけ、出演機会を奪ってしまうのです。D‐BOYSは、大手・ナベプロだからこそ、なんとか運営できているイケメン集団。肩書を『アイドル』とすると具合が悪いため、あえて『若手俳優集団』としているのです。それでも、人気はジャニーズにまったく歯が立たないのが現状ですが」(週刊誌記者)

 こうした複雑な事情がある中、この大倉の発言は「ジャニタレ自らタブーに触れるなんて」「ここは記事にしていいのか?」と、報道陣を大いに驚かせていたという。

 一方の志尊はというと、大倉の言葉に特に反応することもなく、ただ穏やかな笑顔を浮かべるオトナの対応。「ロケ地の地酒がおいしくて、大倉さんや皆さんと飲ませていただいてリフレッシュできました」と円満な関係を語った。

「ジャニーズに対抗心を見せても得はしないと、志尊は学んでいるのでしょう。D‐BOYSのほかにも、ライジング系の実力派、w‐inds.やLeadも同じ理由でアイドルとは名乗らず活動していますが、現在はジャニーズの圧力がかからない海外での活躍が目立っています」(同)

 大倉はそんな背景を一切知らずに、ただ会見を盛り上げようとしてコメントした様子。上に立つ者ならではの無邪気さを、志尊はどう感じたのだろうか……。

美しいものだけを見て育ってきた貴族の子みたい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー