【連載】美容整形Dr.高須幹弥に訊く!

今も「処女膜再生手術」を受ける人はいるの? Dr.高須幹弥が語る「女性器手術」への本音

takasu160208.jpg
普段はなかなか聞けない女性器手術とは?

【第16回】「高須センセイ、処女膜再生手術について教えて!」
美容整形外科で受けることができる“処女膜再生手術”。一昔前は結婚相手に“処女証明書”を渡したとか、過去を隠すために処女膜再生手術を受けたなんて話もささやかれていたけれど、「処女じゃなければお嫁にいけない」なんて言われた時代も今は昔。婚前交渉が当たり前になっている今でも、処女膜再生手術を受ける人はいるの? 高須クリニック名古屋院・院長の高須幹弥先生、処女膜再生手術について教えてください!

■処女膜再生手術は「男を騙す目的」
 初めての性交渉で「処女膜が破れる」っていうけど、正確には“処女膜”は膜ではなく、膣の穴の周りにあるヒダ状の粘膜です。男性器などで押し広げられて裂けたり傷ついたりすると、痛みや出血を伴います。処女膜再生手術は、粘膜の裂けた部分を溶ける糸で縫い合わせてヒダの形状を元に戻す手術なので、術後の性交渉では、初めてのときと同じ感覚や痛み、出血が味わえるんですよ。しかも、20分程度で終わる簡単な手術です。

 ただ、僕が美容外科医になってからの17年で、まだ3例ほどしか遭遇していません。高須クリニック全体で見ても、年間に5~6例あるくらいじゃないかな。未成年の手術は保護者の同意書が必要になるので、ほとんどが20代前半ですね。中にはレイプされて処女を失った子が嫌な思い出をリセットするために処女膜再生手術を受けるっていう場合もあるけれど、8割方が“男性を騙す”目的です。

■現代でも秘かに求められる“処女”
 昔は婚前交渉がタブー視されていたし、お見合い結婚が主流だった30年ほど前も、処女は“汚されていない”として女性の価値を高めてくれましたから、結婚前に処女膜再生手術を受けていた女性も多かったと聞きます。映画『SAYURI』の中で、主人公の芸子さんが水揚げされるときに処女であることを証明しているシーンがあるんだけど、それも処女の方が競売で値が上がるからなんですよね。

 でも今は結婚の条件に処女を挙げる風潮もないし、高校生だって普通にエッチしちゃう時代だから処女信仰は昔ほどじゃないでしょう。手術の需要が少なくなってきているのも、そのあたりが関係していると思います。でもね、自分の女にするならやっぱり処女がいいっていう男性は多いと思う。自分が一番とか、生涯で自分しか知らない女になるって聞くと、男性は喜ぶんですよ(笑)。

男も女もほんの少しのデリカシー、大切にしたい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  12. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー