芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

2016sekamuzu.jpg
『世界一難しい恋』(日本テレビ系)公式サイトより

 嵐・大野智が主演するドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)が、8日の放送で第9話を迎え、平均視聴率13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。前話の12.1%から持ち直し、大野やドラマのファンから喜びの声が上がっているようだ。また、同ドラマは視聴率以外にも“ある経済効果”をもたらしているという。

 同ドラマは、仕事はできるものの恋愛初心者のホテルチェーン社長・鮫島零士(大野)が、誰にも物怖じしない真面目な新入社員・柴山美咲(波留)を振り向かせるために、不器用ながらも奮闘する物語。前週の第8話では2人の関係がこじれてしまったが、第9話では鮫島が柴山への気持ちを再確認。一方の柴山も、鮫島の意外な一面に気付き、ラストでは2人が再び急接近した。

「現時点での最高記録は第3話の13.1%。第5~6話は11%台に落ち込みましたが、第7話で13.0%と歴代2位の視聴率を記録。そのまま上昇するかと思われた第8話では、ドラマの“ラブ要素”を楽しみにしているファンにとっては、かなりもどかしい内容だったためか、数字が12.1%に微減。しかし、最終回直前の第9話は、鮫島と柴山の関係に修復の兆しが見え、ファンにとっても喜ばしい展開になったためか、数字を盛り返しました」(芸能ライター)

 ネット上でも「鮫島社長のぎこちなさに、精一杯の頑張りが感じられる」「やっぱり笑顔の美咲が可愛い。よかったね」「最終回で最高視聴率を出してほしい」といった声が多く上がり、最終回に向けて、視聴者も盛り上がりを見せているようだ。

 さらに、『セカムズ』人気を証明するこんな現象が。劇中に登場したあるキャラクターの商品が“バカ売れ”しているというのだ。

「第9話で、鮫島が横浜市中区のご当地キャラクター『スウィンギー』の着ぐるみを着て、柴山に接近を試みるというシーンがあったのですが、ドラマ効果でスウィンギー人形が完売状態に。オンラインショップに問い合わせたところ、ネット通販だけでなく、販売店舗全店で完売となっており、今のところ再販予定もないそう。電話口の担当者も、『セカムズ』効果であることを認めていました。実は、第9話の予告で、すでにスウィンギーのカットが放送されていたので、熱心な大野ファンは、放送前にゲットしていたのかもしれませんね。Twitterには5日の時点で、大桟橋周辺でラストのスウィンギー人形を購入した、店員からよく売れているといわれたと報告する人もいました」(同)

 大野人気は然り、ドラマも次週いよいよ最終回とあって、すでに「セカムズロス」を心配するファンもいるほど。今期の日テレドラマの中では、ダントツに好成績を収めてきたが、果たして最終回の行方は?

『世界一難しい恋 オリジナル・サウンドトラック』 大野智inスウィンギーで可愛さが天井知らずに amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!