NPO法人「女性・人権支援センター ステップ」栗原加代美理事長インタビュー

「DV加害者は自分が被害者という意識」愛しているはずの人に暴力を振るってしまう心理とは?

npostep_kurihara1_mini.jpg
NPO法人 女性・人権支援センター ステップの栗原加代美理事長

 俳優のジョニー・デップが妻である女優アンバー・ハードからDV被害を訴えられ、泥沼離婚劇を繰り広げているが、日本でも先月、俳優の真木蔵人が交際相手の女性に暴力を振るい、ケガを負わせたとして逮捕された。また、4月には俳優の伊勢谷友介も、モデル・森星との交際発覚を機に過去の交際女性へのDV疑惑が週刊誌に掲載されるなど、ここのところ有名人のDV報道が続いている。愛しているはずの人になぜ手をあげてしまうのか。DV加害者への更生プログラムを実施しているNPO法人 女性・人権支援センター ステップの栗原加代美理事長に話を聞いた。

■DV加害者の心に潜む「認められたい」という欲

――愛する相手を傷つけたくないと思うのが普通だと思うのですが、DV加害者はなぜ暴力を振るってしまうのでしょうか?

栗原加代美理事長(以下、栗原) 自分のことをわかってほしい、一言で言うと承認欲求です。それが満たされないと、怒りから暴力を使って恐怖を与え、相手を思うがままに動かそうとするのです。力によって支配したいという感情がDV加害者の心理の中で起こっているのだと思われます。

――承認を欲してしまう人というと、今まで人に理解されたことがない人ですか?

栗原 ステップに相談に来る8割の方は、自分の父による母へのDVを見てきた、あるいは両親から虐待をされたなど、自分が認められた経験が少なく生きてきた人なんです。ですから、妻に対して自分を認めてほしいという欲求が普通の人以上に強くなる傾向にあります。認められたい欲求が執着に変わっていき、それがなされないと怒りが強くなって、結果、暴力を振るってしまう。

――父による母への暴力を見ていたということは、お母さんのことをかわいそうだと思って育ってきたはずですよね?

栗原 そうです。しかし、父は母が思うように動かないとき、暴力を振るうというのがどこかにインプットされている。そうなると、妻が自分と違う意見を述べた際、自分もいけないとは思いつつ、暴力を選択してしまうんです。話し合いで解決するとか、交渉をするといった良いモデルを見てこなかったからです。

――DVを受けている女性の中には「暴力を振るった後は彼が優しくなる」という話をする人もいますが、それは暴力を振るったことを夫が後悔しているからですか?

栗原 いいえ。下手に出るというコントロールです。彼が優しく「ごめんね」と謝って、何かモノを買ってあげることによって、女性は「どっちが本当の彼なの?」と思うわけですよね。優しいときの彼が本当の彼なら、自分が怒らせているので、「彼の欲求を満たしてあげられない私が悪い」と、女性は罪悪感からさらに彼に従おうとするんです。

加害者にはDVの意識がないってところが怖い

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク