大コケ記録更新

綾瀬はるか主演『高台家の人々』大コケ! 原作ファン酷評、公開初日から「ガラガラ」報告も

1606_koudaikeookoke_01.jpg
『高台家の人々』公式サイトより

 人気漫画を実写化した綾瀬はるか主演映画『高台家の人々』が今月4日より公開された。第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『海街diary』より約1年ぶりの映画主演で、注目が集まっていたが、結果は“大コケ”となってしまったようだ。

 6月4日~5日の週末映画興行成績(興行通信社)によると、1位は高畑充希と三代目J Soul Brothers・岩田剛典主演の『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』が初登場でランクイン、2位はディズニー映画『ズートピア』、3位はハリウッド映画『デッドプール』、4位は先週公開の山崎賢人&二階堂ふみ主演の『オオカミ少女と黒王子』、そして5位が『高台家の人々』となった。

 『高台家の人々』は全国307スクリーンという大規模な公開にもかかわらず、オープニング2日間で動員7万5,946人、興収1億20万3,000円で、最終興収は5億円程度になる見込みのようだが、「正直言って、この数字は大コケです。公開初日から、『映画館がガラガラ』といった報告がネット上に見られました」(芸能記者)という。

「『高台家の人々』は、妄想癖のある30歳の地味なOLと、人の心が読める“テレパス”のイケメンエリート社員とのラブコメディ。原作者は『ごくせん』『デカワンコ』(ともに集英社)の森本梢子で、『高台家の人々』は『第6回ananマンガ大賞』で準大賞、雑誌『エンタミクス』(KADOKAWA)の『第5回NEXTブレイク漫画ランキング BEST50』で第1位といった人気作です。しかし、映画は原作ファンから酷評の嵐で、『原作のエピソードを強引に詰め込んだくせに、話は薄い』『原作とあまりにもかけ離れた主人公のキャラ設定と脚本』といった批判の声が上がっています。一方で好意的な意見もあるものの、『原作の方が面白い』といった声が多く、実写映画ならではの良さをイマイチ発揮できていないようですね」(同)

 また、綾瀬についても、最近ではネット上で“オワコン説”が浮上している。

「今回の『高台家の人々』はコメディで、役柄も綾瀬本人に近い“天然キャラ”。まさに適役だったはずなのですが、ネット上では最近、『31歳で天然キャラっていうのもキツイ』といわれており、今回の役柄についても、むしろ世間は飽き飽きしているような気配すら漂っています」(同)

 綾瀬はかねてから、主演映画がことごとく大爆死するといわれてきた。2012年の興収18.8億円のヒットを記録した映画『ホタルノヒカリ』以降、同年公開の『映画 ひみつのアッコちゃん』が興収5.6億円、13年の『リアル ~完全なる首長竜の日~』が4.2億円、14年の『万能鑑定士Q ‐モナ・リザの瞳‐』が6億円と、苦しい数字ばかり叩き出している。

「15年の『海街diary』はヒットしたのですが、同作は綾瀬以外にも、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの4人が“主演”となっているので、『綾瀬だけの功績』とは言いづらいです。『高台家の人々』の伸び悩みで、さらに綾瀬は『大コケ女優』と揶揄されてしまうかも」(同)

 綾瀬は連続ドラマでも、直近で主演を務めた『私を離さないで』(TBS系)が全話平均視聴率6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大爆死したばかり。この現状から、ネット上でも「若手女優に負けてるよ」「完全に綾瀬の時代は終わったよね」「もうこっからは、主演映画の大コケ記録を伸ばすことしか期待できない」などの声が上がり、世間は綾瀬を“オワコン”と認識し始めているようだ。八方ふさがりの綾瀬に、何か打つ手はあるのだろうか?

むしろ斎藤工の方が……という可能性あるよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク