その他
【ジャニーズ研究会レポート】

藤ヶ谷太輔ですら下位!? 『キスブサ』に斎藤工が参戦し、「水回りの横尾」もピンチ!?

 Kis-My-Ft2が本気でカッコよさを競う番組『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)。6月6日の放送は、「ダイエット中の彼女のために作る10分夜食」がテーマ。料理企画といえば、毎回優秀な成績を収めている“水回りの横尾”こと、横尾渉の独擅場となることが多く、今回もファンの期待を集めた。収録後のインタビューでも「普段のキングは藤ヶ谷太輔ですけど、水回りのキングは僕ですからね」と、自信満々で語っていた横尾。藤ヶ谷への“宣戦布告”とも取れる横尾の発言で、2人の一騎打ちになるかと思われた。

 しかし今回は特別に、ゲストで登場した俳優の斎藤工が挑戦者として参戦。余裕の表情を浮かべる斎藤に対し、メンバーは「ウソ!?」「なんで? どういうこと?」と困惑。番狂わせを起こす予感がスタジオに漂った。

 常に上位に君臨する“キング藤ヶ谷”は、なんと『ブサイク』ゾーンに入ってしまう6位にランクイン。ガッカリした様子の藤ヶ谷が作ったのは、「グルテンフリーのパンケーキ」。チアシードやココナッツオイルなど、美容にもよい食材を使っていたのだが、787キロの高カロリーに加え、流行の食材を使ったことが裏目に出てしまい、「オシャレぶってんじゃねーよ」と、審査員から酷評を受けてしまった。

 ランキングが発表され、残されたのは横尾と斎藤のみ。この一騎打ちを制したのは、斎藤であった。キスマイが誇る“水回りの横尾”は残念ながら2位となってしまったが、馴れた手つきで「春雨と豆乳のスープ」「豚バラカツ豆腐」を作った。メンバーからも「めっちゃ食べたい」「マジで料理うまいね」と、ほめられまくり。また、「マイコがダイエット成功するまで、オレ料理作るよ」という最後のひとことも、「『料理作るよ』にキュン!」と女性審査員から高評価を得ていた。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!