芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

16omukaedesu.jpg
『お迎えデス。』(日本テレビ系)公式サイトより

 芦田愛菜&シャーロット・ケイト・フォックスW主演『OUR HOUSE』(フジテレビ系)が最低3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録、また福山雅治主演『ラヴソング』(同)が、月9史上単話最低視聴率6.8%を叩きだすなど、大爆死が相次ぐ4月クールの連続ドラマだが、福士蒼汰が主演する土曜9時の『お迎えデス。』(日本テレビ系)の打ち切りが決定したという。当初は全10話の予定で制作されていたものの、熊本地震の緊急報道特番のため、初回が1週間延期となったが、日程は変わらず18日放送をもって第9話を最終回とすることになってしまったようだ。

 原作は人気マンガ、また、主演に福士、ヒロインに土屋太鳳と若者に人気の出演陣を揃え、視聴者から期待されていた『お迎えデス。』だが、視聴率は常に伸び悩んでいた。初回は10.3%、第2話は9.3%、第3話は6.9%、第4話は7.9%、第5話は6.7%、第6話は6.9%、最新の第7話は8.2%と推移、2ケタを達成したのは初回のみだった。

「昨今では、他ドラマでも見られる低水準ではあるものの、同ドラマの放送時間帯は日テレの看板枠。6%台連発は、完全に想定外だったことでしょう。昨年7月期の『ど根性ガエル』以来の低視聴率となってしまいましたが、そちらと比べても評判や話題性も乏しいということで、打ち切りとなってしまったようです」(テレビ局関係者)

 福士といえば、昨年主演した『恋仲』(フジテレビ系)も同様に、全話平均10.8%と、月9としては低空飛行のまま最終話を迎えている。

「主演ドラマが爆死しても、一度は見逃されますが、2作連続となると、業界内での俳優の評価は変わってきます。業界の慣例で、『数字を持っていない俳優』との烙印を押されてしまうでしょうし、福士は今後、連ドラの主演オファーは望めないかもしれません。それ以前に、所属事務所の研音が、これ以上傷口を広げないために、メインどころのオファーを避けるのでは」(同)

 なお、『お迎えデス。』最終回は2時間のスペシャル版で放送されることになるという。

「バブル期は、放送時間が2倍になると、ギャラも2倍近くになっていたものですが、この不景気だけに1.5倍にでもなれば御の字といったところ。ちなみに、最終回ゲストは観月ありさが予定されているそうですが、正直、数字を持っている女優とは言いがたい。ラストでの起死回生もかなわないでしょうね」(芸能プロ関係者)

 昨年は若手イケメン俳優の代名詞的存在だった福士も、すっかりと“爆死俳優”になりつつある。5月に行われたファンイベントでは、グッズとしてサイン入りチェキや生写真が封入された“ガチャガチャ”を販売するなど、アイドルさながらの商法を展開していたが、果たしてゴールデン連ドラの主役の座を守ることはできるのだろうか?

『ストロボ・エッジ』 世間に見つかったと思ったら、すぐ見失われた amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!