芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

――ジャニーズのアイドルといえども、やっぱり一人の男。思わずポロリと漏らした発言から、彼らの素の顔が見えるかも!?

■今回の発言者
井ノ原快彦(V6)

「(『あさイチ』の司会は)ハマったって感じはちょっとあったよ!」

 6月5日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演したV6井ノ原快彦。2000年に舞台で共演して以来親しいシンガーソングライターの森山直太朗と、V6の新曲「Beautiful World」の作詞作曲を手がけた秦基博も加わり、3人のトークが始まる。

 番組後半、それぞれの家庭環境の話題になった際、森山が「こじつけるようだけどさ~」と前置きしたうえで、井ノ原が情報番組『あさイチ』(NHK)の司会やアイドルとして、女性とのコミュニケーションに長けているのは、井ノ原が姉を持ち、親戚の女性に囲まれて育ったせいではないか、と持論を展開した。

関連記事
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!