【うわさの会見場から】

ファンキー加藤の「W不倫謝罪会見」、現場のマスコミから「あり得ない!」の声上がったワケ

1606funkykato2.jpg
「ブラザー」/ドリーミュージック

 ファンキー加藤が7日、「週刊女性」(主婦と生活社)に報じられたW不倫に関して、マスコミ各社に向けて会見を開いた。同誌では、加藤がアンタッチャブル・柴田英嗣の元妻とW不倫の関係となった挙げ句、妊娠させてしまったことまで赤裸々に報じられていた。

 会見が開かれたのは7日午前11時、都内・世田谷区のレコーディングスタジオだったという。

「前日夜、加藤が所属するドリーミュージックから問い合わせが入った全ての社に、一軒一軒電話連絡がありました。ベッキーとの不倫騒動を起こした、同じくミュージシャンのゲスの極み乙女。・川谷絵音の所属事務所は、『担当者不在』などといって、マスコミの問い合わせをたらい回しにした挙げ句、表立った謝罪対応も一切なかった。今回加藤に関しては、まさに“誠意ある対応”だったと思います」(テレビ局関係者)

 加藤は、ファンのため、あえて自ら説明することを希望し、会見に臨んだという。

「加藤は開口一番『記事に書いてあることは全て事実』として、真っ向から取材陣の質問を受ける姿勢をみせたため、正直詰めかけたマスコミ陣は、彼に好印象を持ったと思います。通常、こうしたケースでは『全てではないが』『間違いもある』などと言い繕うものですが、加藤は『自分が悪かった』ことを強調するためか、反論は一切行わなかった。『週女』では、元妻との間の子どものDNA鑑定を行うとされていましたが、この部分は誤りで鑑定は行わないことが明らかになっています。それでも『記事は全て正しい』とは、なかなか言えるものではありません。いい意味で、『こんな謝罪会見はなかなかない』『普通あり得ない、驚いた』と語るマスコミ関係者もいました」(芸能レポーター)

 川谷は「週刊文春」(文藝春秋)の電話取材に「謝れって言うけど世間の誰に謝ればいいの? 内輪での話だからみんな関係ないじゃん」と話したことが話題となったが、「加藤がしたことは許されるべきことではないが、川谷と比較すると謝罪の仕方はまっとうですよ」(同)と評価する。

「元マネジャーである加藤の妻は、何のコメントも出していませんが、その対応も騒動収束にプラスに働いています。乙武洋匡氏の不倫が発覚した際は、妻もマスコミ宛のFAXにコメントを出し、『なぜ妻が謝る必要があるんだ』などとネット上で大バッシングされましたからね……加藤の妻が、現時点で離婚を選ばないのは、『まだ子どもが小さいから』『離婚することで、金銭的に苦しくなるから』など、さまざまな理由が考えられますが、とにかく加藤夫妻の対応は、最善策だったのではないでしょうか」(同)

 近年の不倫騒動は、発覚後の当事者の対応次第で、さらなる炎上が巻き起こることもあった。経緯はどうあれ加藤の行った謝罪会見には、各マスコミ関係者も舌を巻いてしまったようだ。

サイ女的には「狡猾な男」って言いたいんだけど?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと