"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第318回】

ファンキー加藤のW不倫報道に見る、妻を“持っていかれた”アンタ・柴田の立ち回り

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

syujyo-160607.jpg
「週刊女性」6月21日号(主婦と生活社)

 『クローズアップ現代』(NHK)を降板した国谷裕子氏が、降板後始めてテレビ朝日の『徹子の部屋』に出演した。これまでの『クロ現』の鋭い突っ込みとは違い、自らの生い立ちなどを語った国谷氏だが、驚いたのが黒柳徹子にまったく負けていなかったことだ。黒柳が話題を黒柳自身のことに言及しようとしても、すぐに戻す! さすが、23年間『クロ現』を続けただけある。ポスト『徹子の部屋』の有力候補かも。硬派な『裕子の部屋』を見たい。

第319回(6/2~7発売号より)
1位「ファンキー加藤 まさかのW不倫愛」(「週刊女性」6月21日号)
2位「ショーンK 『長野に潜伏』『うつ闘病』…親友に届いた『苦悩のメール』」(「女性自身」6月21日号)
3位「明らかになった平愛梨とスター選手・長友佑都のVIP交際愛」(「週刊女性」6月21日号)

 またまた驚愕の不倫劇が起こった。すでにワイドショーなどでも報じられ、また本人も早々に謝罪会見を開いたファンキー加藤のW不倫劇だ。

 その内容は複雑かつかなりエグい。加藤の不倫相手はなんとアンタッチャブル・柴田英嗣の妻だったAさん。柴田とAさんは昨年5月に離婚したというが、その理由もAさんと加藤のW不倫が原因だった。その上、Aさんは現在妊娠中で今月中にも出産予定だという。

 しかも、そもそも加藤と柴田は友人という関係で、加藤は当初Aさんが柴田の妻であり2人の子どもがいることも知らなかったらしい。さらにさらに、加藤には1歳半になる長男と妻がいるが、離婚する気はない。そして話し合いの末、DNA鑑定を条件に認知し、養育費も払うことが決まっている。

 その話し合いには、Aさんの前夫である柴田が同席したこともあり、柴田は離婚後もAさんとの間の子どもを預かったり、また「週女」の直撃に奥さん(Aさん)の体も心配だし、生まれてくる子どもを見に行くと答えているのだ。一方、加藤の妻もそうしたことを承知した上で、現在家庭円満。

 不倫にもいろんな形がある。正月に実家に行って、開き直ったようなLINEが話題になったり、長年の愛人に告発されたり、妻が妊娠中に女性を自宅に引っぱり込んだり、複数の女性と交際がバレたり――。

 そして今回もそれらとは違った、かなり原則的展開を辿っている。加藤妻にしたらまだ子どもも小さいし、夫も反省しているから穏便に、ということか。Aさんにしたら、かなり高額の養育費ももらえるし、認知してもらえるから、よし。柴田も過去、浮気が発覚したこともあるから、まあ仕方ない。

ちょっと、元ファンモンのDJに誰もコメント取りにいってないの~!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  18. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー