[女性誌速攻レビュー]「LARME」5月号

グラドルに「えっちなカラダ」を問う! ガーリーと男ウケの間で揺れ動く「LARME」の女心

larme022022.jpg
「LARME 022」(徳間書店)

 東京もついに梅雨入りをし、そろそろ夏の気配も感じるころですね。「LARME」(徳間書店)最新号の表紙は、みずみずしい南国の果実の果汁を連想させるしずくと、乃木坂46・白石麻衣さんの憂いを帯びた眼差しが特徴的です。しかし全体的にガーリーかつアンニュイなテイストの表紙とは裏腹に、内容はそこそこの波乱を呼びそうなものでした。さて、さっそく今月号もみていきましょう!

<トピック>
◎お部屋でしか見られない、あなただけの私。
◎Beauty & Healthy Diet book
◎Welcome To My Sweet room

■「おにく」表記により首の皮一枚でつながるガーリー魂
 もともと“男ウケ度外視”との評判だった「LARME」ですが、前回に引き続き、今回も男ウケ系のネタが多く見られしました。特に顕著だったのが、本誌前半に掲載されている企画「お部屋でしか見られない、あなただけの私。」。男性とのお部屋デートを想定し、パーツ別ボディケアや、部屋で可愛く見せるテクニックなどを赤裸々に紹介しています。あまりに興味深いので、今回はこちらの企画を詳しく見ていきたいと思います。

 「女の子の最強の武器 おっぱい」ケアには、<あま~い香りがして、美味しいおっぱいになる>スクラブや、<バストトップの黒ずみはもういらない>などと謳われる乳首の黒ずみ改善アイテムなどが登場。まさか、「ファッション絵本」を自称する雑誌の誌面で「美味しいおっぱい」や「バストトップ」などという単語が目に飛び込んでくるとは……。絵本の読者たちには刺激が強すぎはしませんでしょうか。少し心配になりました。しかし「チャペル」「愛の吊り橋」「アヌスの細道」など、昨年の「an・an」(マガジンハウス)のセックス特集で見られたような「エロ用語大喜利」のガーリー版も見てみたい気がする筆者です。

 そして、「週刊プレイボーイ」(集英社)や「ヤングマガジン」(講談社)で活躍中のグラビアアイドルたちに、美エロボディの秘訣を聞く「グラビアガール直伝! えっちなカラダの作り方。」というコーナーも! 男ウケを気にしない従来の「LARME」であれば、“女の子のため”のカラダ作り特集と銘打ち、女ウケするカラダの持ち主(例えば「LARME」でも人気のAKB48・小嶋陽菜さんなど)が登場しそうなものですが、この特集では、<男性誌や漫画誌では『グラビア』がつきもの。なかなか私たちの目に触れることはないけれど、つまりそれって男の人が好きなカラダってこと。(中略)3人の女の子に根掘り葉掘り聞いてみました!>などと、完全に男へ向かってロックオン! ただ、グラビアを「なかなか目に触れることはない」としてウブアピールしているところに、恥じらいとためらいが感じられるので、まだ男ウケに本気は出してなさそうですね!

ガーリーとグラドルの異種格闘技ぶりとは

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー