[官能小説レビュー]

処女を捧げた男への憎悪の物語――『マサヒコを思い出せない』が教える、女の試練の乗り越え方

masahikowoomoidasenai.jpg
『マサヒコを思い出せない』(幻冬舎)

 些細な間違いによって人生が狂い始め、気がつくととんでもないところに堕ちていることがある。

 例えば、幼い頃に机にかじりついて、ファッションや男子に興味を示さ なかったクラスメイトの女子が、十数年後の同窓会で一流企業に勤める管理職になっていたとする。先行きの見えない自由業の身である筆者にとって、それは嫉妬の対象となるだろう。「なぜあの時、私は男の視線ばかりを気にして、ちっとも勉強をしなかったのだろう」と、その日暮らしの自分を振り返り、当時の自分を恥じるかもしれない。

 今回ご紹介する『マサヒコを思い出せない』(幻冬舎)に収録されている6編の作品は、淡々と綴られてはいるが、無言で叫び続ける“苦しむ女たち”を描いた物語だ。6作品の中には、常に「マサヒコ」という男が登場する。ふわふわの髪に美しい容姿を持ち、女をモノ扱いする、身勝手で自惚れ屋の男。主人公である女性たちは、さまざまな形でマサヒコと出会い、セックスし、彼を捨てることで次のステップへと進む。

 彼女たちのマサヒコとの出会い方は、それぞれ異なっている。「マサヒコを忘れてない」の主人公である智巳は、転職を繰り返してなかなか定職に就かない男と結婚。ある日、その夫に連れられて見知らぬ男と会い、アダルトビデオ出演の勧誘をされる。怖くなった智巳は夫の目を盗んで新幹線に飛び乗り、車中でマサヒコと出会う。

 また「マサヒコは手に入らない」の主人公・愛美は、いかがわしい仕事をしている夫と暮らしている36歳の看護師である。マサヒコは、「夫が毎日のように自宅に連れてきては、ともに別室で何かの作業をしている人物」として、彼女の前に現れた。

 中でも「マサヒコに踏みにじられる」の翠の出会いは壮絶なものだった。

 中学時代は冴えないルックスだった翠は、いわゆる「高校デビュー」をし、学校一美しいしのぶと交流し、学校内のヒエラルキーのトップへとのし上がった。16歳の夏、団地が立ち並ぶ風景をぼんやり眺めながら、無理やりマサヒコに挿入された翠。感情任せに、処女を捧げてしまったという屈辱的な体験から、次にセックスをする相手とは結婚しようと誓った。それから、翠は一度も男とセックスをしたことがなく、誘ってくる相手には、スタンガンをちらつかせて自衛する日々を過ごしている。

 そんな翠にも、本気で好きだった相手がいた。 しのぶに連れられて行ったカフェ「フリオ」でバイトチーフとして働く先輩・カズだ。ところが、翠は店のアルバイトに応募し、晴れて採用されるものの、カズには見向きもされなかった。

 その後、翠は読者モデルとなり、金持ちの男から求婚されてダイヤの指輪をプレゼントされ、ひけらかすように薬指にはめて「フリオ」に出向いたが、彼女のことを覚えている人は誰もいなかった。その代わりに、彼女のことを覚えていたのは、あの忌々しい処女喪失の相手であるマサヒコだった――。

 「こうなりたい」と夢見てきた将来像と現在の自分を比較すると、あまりにも違いすぎて情けなくなることがある。例えば翠が「あの日、自棄になって彼に処女を捧げなければ」と後悔するように、「○○しなければ」と思ったことがある人は多いはずだ。翠が16歳の処女喪失という失敗にこだわり続け、今の翠を形成させてしまったのと同じように、過去に縛られて生きる人もいるだろう。

本作の主人公たちの人生において、最大の間違いの象徴が「マサヒコ」なのだ。しかし、彼女たちはそんな「マサヒコ」を捨てることで、次の自分へと飛躍している。この作品はそんな「マサヒコ」を通して、読者それぞれが抱えている「最大の失敗」に向き合えと訴えかける。そして、これから先の人生を歩む強いヒントを与えてくれる1冊だ 。
(いしいのりえ)

処女喪失が「いい思い出」の人の方が少ないよね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

処女を捧げた男への憎悪の物語――『マサヒコを思い出せない』が教える、女の試練の乗り越え方のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 官能小説レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  2. 櫻井翔「顔パンパン」問題を高須が斬る
  3. 「演技うまくなった」と好評の大根役者
  4. 土屋太鳳、ぶりっ子暴露で炎上
  5. G・パルトローのサイトでセックス特集
  6. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  7. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  8. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  9. Jr.西畑、公演中に昏倒しファン衝撃
  10. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  11. プウ美ねえさん流体重キープ術
  12. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  13. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  14. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  15. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増
  16. 少女が初めて異性に体を差し出す瞬間
  17. 『べっぴんさん』最終回目前も酷評
  18. 綾瀬はるかはギャラ泥棒!?
  19. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  20. 渡辺麻友の発言が報道NGのドタバタ劇

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  2. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  3. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  4. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  5. Jr.西畑、公演中に昏倒しファン衝撃

カルチャーの人気記事

  1. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  2. バツ3でも幸せになる方法
  3. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  4. おばちゃんから「トイレ禁止」の嫌がらせ
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. G・パルトローのサイトでセックス特集
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. エミネム、薬に替わる新たな中毒
  4. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと