ヒモ? 実業家? 小説家? 謎の“CLO”就任の水嶋ヒロに「何がしたいのかサッパリ」の声

hiro0603

 俳優の水嶋ヒロが、転職・求人サイト「転職EX」などを運営する株式会社じげんの“CLO”に就任する。CLOとは「チーフ・ライフスタイル・オフィサー」の略で、水嶋は同職を通じて、自分らしい生き方を選択できる社会の実現に向けて尽力するのだそう。

 水嶋は芸能以外での活動を行うため、この4月に自らが代表を務める株式会社3rdiconnectionsを設立したばかり。今回のCLO就任もその一環だが、具体的に何をしたいのか、サッパリわからない水嶋の近況に、ネット上では「芸能のほうは、どうなってんだよ」「お前は仕事探す立場だろ」「水嶋ヒモ」「飽きっぽくて何事も長続きしない、クズ男なだけの気がしてきたわ」などと、失笑気味のコメントが相次いでいる。

「最近の水嶋の目立った活動といえば、2014年に公開された映画『黒執事』の主演ぐらいですが、興収は約6億円と惨憺たる結果でした。しかも、共同プロデューサーまで兼任して、恥の上塗りですよ。09年にシンガーソングライターの絢香と結婚して以来、水嶋の一連の活動にはただの芸能人であることをよしとしない、変なプライドが感じられます。単に俳優として映画に出演すればいいものをプロデューサーまで務めたり、今回の意味不明なCLO就任もそうです。迷走の一言に尽きますね」(芸能ライター)

 水嶋の“脱芸能”志向の根源となっているのは、なんといっても10年に処女小説の『KAGEROU』が第5回ポプラ社小説大賞を受賞したことだろう。これを機に、執筆活動に専念したいと所属事務所を辞めたものの、2作目は一向に発表されず、現在に至っている。

「文学賞受賞なんて、出版社が話題作りのために下駄を履かせただけなのは一目瞭然なのに、本人だけは自分にはマルチな才能があると勘違いしてしまったんでしょうね(笑)。その後も新雑誌の編集長を務めてみたり、ミュージックビデオの原作・脚本を手掛けてみたりしてきましたが、どれもモノにはなっていません」(同)

 自身の能力を過信して、多方面に手を広げたはいいが、結果はどれも中途半端。結局、水嶋の適職とは絢香のヒモなのではないか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  2. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  3. 松田龍平、離婚報道で母が異例の対応
  4. 映画『相棒』過去最高ヒットの謎
  5. 岸優太の無邪気さはTOKIO・長瀬系?
  6. 指原莉乃初センター曲が「過去最低」
  7. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  8. 『カルテット』衝撃ラストに視聴者あ然
  9. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  10. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  11. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  12. 「あの女性犯罪者」、塀の中の素顔
  13. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  14. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  15. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  16. 「レプロは偉い」と担ぐ芸能ムラの人々
  17. バストも自信もアップした秘密
  18. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  19. ジャニーズ・N、禁断のベッドエピ発覚
  20. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. 岸優太の無邪気さはTOKIO・長瀬系?
  3. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  4. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  5. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然

カルチャーの人気記事

  1. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  2. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  3. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと