若手女優の登竜門だったはずだけど

“忘れ去られた”朝ドラヒロイン、結婚報告に「誰だっけ?」――ブレークならずの厳しい現状

haradanatuki2016.jpg
原田夏希公式プロフィールより

 2日、サッカーの日本代表DFでイタリアのインテル・ミラノに所属する長友佑都と、タレント・平愛梨が真剣交際を宣言したが、同日、結婚報告したにもかかわらず、まったく話題にならなかった女優がいた。それは、“忘れ去られた”朝ドラヒロインともいうべき女優・原田夏希(31)だ。

 所属事務所オスカー・プロモーションの発表によると、お相手は同い年の医師で、同日に入籍を済ませた。仕事は続ける意向だという。2年前に友人の紹介で知り合った2人は、今年1月より交際に発展。約5カ月でのスピード婚となった。

 長友&平のニュースの影に隠れて、原田の結婚報告が埋もれてしまった感はあるが、この報を聞いたネットユーザーからは「原田夏希って誰?」との声がもっぱら。

 原田は2001年、映画『ココニイルコト』で女優デビュー。大学入学を機に上京し、本格的に芸能活動をスタート。04年度後期のNHK連続テレビ小説『わかば』のオーディションに合格し、ヒロインに抜擢された。しかし、『わかば』の人気はイマイチで、全話平均視聴率は17.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、朝ドラとしてはパッとせずじまい。

 その後も、08年にはNHK大河ドラマ『篤姫』への出演機会を得たが、再浮上はならず、端役も多かった。心機一転、14年7月に業界大手のオスカーに移籍。その成果もあって、単発でドラマに出る機会が増え、『最強のふたり~京都府警 特別捜査班~』(15年7月期/テレビ朝日系)、『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(今年1月期/テレビ東京)にはレギュラー出演したが、インパクトは残せず。いまだ“過去の人”から抜け出すことはできていない。

 そんな原田だが、7月15日より、NHK BSプレミアムで放送開始となるBS時代劇『伝七捕物帳』(中村梅雀主演)に、料理屋の看板娘役で出演することが決まっている。武井咲、剛力彩芽らに次々主役の座をもたらすオスカーの力をもって、ここからの再ブレークとなるだろうか。

 結婚発表で話題づくりをしたいところだったのだろうが、今回はあいにく日が悪かったようだ。
(森田英雄)

これから能年玲奈が行く道なのか……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー