めごっち、おかえり……

剛力彩芽、“人柄”で人気回復も……ドラマ『グ・ラ・メ!』主演決定で「ゴリ押し批判」再燃?

2015gorikisan.jpg
「いい人」という評価だけで芸能界を生き抜いて!!

 女優の剛力彩芽が、7月スタートの連続ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(テレビ朝日系)に主演することが明らかになった。同ドラマは、西村ミツル原作のコミック『グ・ラ・メ!-大宰相の料理人-』(新潮社)の実写化で、剛力は“総理大臣の料理番”として総理官邸に入ることになる天才女性シェフ・一木くるみを演じる。だが、剛力といえば、過去に主演したドラマがどれも低調で、一部で“低視聴率女王”という、ありがたくない二つ名を頂戴しているが……。

「現在放送中の『ドクターカー』(日本テレビ系)でも主演を務めていますが、初回視聴率は4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でしたからね。深夜ドラマということを差し引いても、惨敗と言っていい数字です。1年前に主演した同じ深夜帯の『天使と悪魔 未解決事件匿名交渉課』(テレビ朝日系)の初回が6.4%だったことを考えると、不振ぶりが際立っています」(テレビ情報誌編集者)


 2013年に主演した月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)の視聴率が、月9最終回の史上最低視聴率8.1%を記録するなど、剛力の主演ドラマは、ことごとく大はずれ。にもかかわらず、各局のドラマの主役やヒロインに起用され、巷では“ゴリ押し”と批判されるなど、不遇の日々を過ごしてきた。

「あまりの低視聴率続きに、14年に主演した『私の嫌いな探偵』(テレビ朝日系)では、視聴率が振るわなかったときの予防線を張るためか、所属事務所が、共演の玉木宏との“ダブル主演”を強調したほどでした。それでも出演ドラマの視聴率は下げ止まらず、ゴリ押し批判を気にした事務所は、剛力をしばらく歌手活動に専念させたほど。それが、この4月に『ドクターカー』で女優復帰。しかも低視聴率であるにもかかわらず、7月からは新たに主演ドラマが決定しているというのだから、再び事務所は女優としての剛力を強力にバックアップしていくつもりでしょう」(同)

 剛力は業界では人柄のよさで知られており、それが世間にも伝わって、最近はイメージも好転していただけに、ゴリ押し復活で再び批判にさらされなければいいのだが……。

なんなの料理番ってはやってるの……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム