芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

1606_johnnys_01.jpg
『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)公式サイトより

 6月に入り、4月開始の春ドラマのほとんどが、残すところあと数話と佳境に差しかかっている。テレビ業界全体の視聴率が落ち込んでいる中、現在までの平均が2ケタを超えているのは『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)と『グッドパートナー 無敵の弁護士』(テレビ朝日系)、『世界一難しい恋』(日本テレビ系)の3作品だけとなっている。

「ただ『グッドパートナー』の視聴率は10%を超えたり超えなかったりという調子で、全話平均視聴率が2ケタで完走できそうなのは、『99.9』と『世界一難しい恋』だけですね。数あるドラマの中で、嵐のメンバーが主演を務める2作品だけが、ヒットしている状況なんです」(芸能ライター)

 ネット上では以前から、「ドラマにジャニーズを出すな!」と、アイドルであるジャニーズがドラマ界を席巻することについて批判的な論調が多くみられる。実際、大ヒット中の『99.9』に関しても、主演が嵐の松本潤だと発表された際には、ネット上で「ジャニーズはもういいよ」「演技力のある俳優にやってほしかった」「内容は面白そうなのに、もったいないな」など、大ブーイングが巻き起こっていた。

「しかし放送が開始されると、『99.9』は初回から15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の大ヒット。その後は、女子バレーボールのリオ五輪世界最終予選が裏で放送された影響で、数字を13%台まで落とした第6話を除いては、16~19%と高水準をキープしています。また、『セカムズ』も、放送前には『大野に社長役ってミスキャストじゃないの?』といった声がありましたが、初回から視聴率12.8%と視聴者の関心を集め、しっかり心をつかんだようで、続く2話以降、一度も視聴率は2ケタを割っていません」(同)

 また、今年1月クールの連ドラを振り返ってみても、全話平均視聴率トップ3は、第1位がSMAP・草なぎ剛主演の刑事ドラマ『スペシャリスト』(テレビ朝日系)、第2位がKAT‐TUN亀梨和也が主人公の天才怪盗を演じた『怪盗 山猫』(日本テレビ系)、第3位がTOKIO・長瀬智也が病理医に扮した『フラジャイル』(フジテレビ系)。ジャニーズドラマがトップ3を総なめにした格好だ。

「7月スタートの夏ドラマにも、Hey!Say!JUMP・中島裕翔が主演を務める『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ系)や、タッキー&翼の滝沢秀明が主演の『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)といったジャニーズドラマが控えています。もちろん、ジャニーズが主演だからといって、全部が全部大ヒットというわけではなく、大爆死した作品もありますが、『ジャニーズを主演に据えるとヒットが望める』と、ドラマ製作班が考えるのは不思議ではありません」(同)

 世論に反して、結果を残しているジャニーズドラマ。「ドラマにジャニーズ出すな!」という声は依然としてとどまるところを知らないが、今後も視聴率獲得に奔走するテレビ局は、ジャニーズを積極的に起用していくこととなるだろう。

『I seek/Daylight』 決して、裕翔にプレッシャーかけてるわけじゃないのよ~ amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!