スマホで精子を観察するキットが登場。ゲイ男子と精液&精子について語る

 ねえ、自分の精子を見てみない? 私がそう持ちかけたのは、友人のホモくん。その名のとおり、ゲイです(20代、モテない)。ローティーンのころから自分の精液はイヤというほど目にしてきているだろうけど、精子は肉眼では見えません。どろっとした白濁液のなかに、ほんとうに精子がうじゃうじゃいるのかどうか……当の本人にもわからないのです。でも、妊活中で、男性不妊を心配する人は別として、多くの男性にとって精子がいるかいないは、どうでもいいこと。それよりも「いっぱい出た?」「すごく飛んだ!」など精液の量と勢いを気にしているのではないでしょうか?

 男性にとっては、自分の身体で作られているものなのにまったく知らない精子を自身の目で目撃できる! というアイテムが発売されました。「TENGA メンズルーペ」と名付けられた精子観察キットの何が画期的かというと、スマホに拡大レンズを取り付けて、スマホ画面上で精子の動きを観察できる点。えっ、そんなに簡単なの? 私も驚きましたが、拡大倍率550倍のレンズであれば、約0.05~0.06mmの精子が見えちゃうらしいのです。スゲー。

 不妊の原因の約半分は男性にあるといわれますが、男性にとっては「自分がそうかもしれない」と可能性を考えることすらオソロシイことのようで、「病院に行こうとしない」「不妊治療に協力的でない」という女性の不満が日本の家庭のあちこちで噴出しています。治療さえすれば子どもを授かることができるのに、自身の精子と向き合えない男性のせいで、いつまでもベビ待ち状態が終わらない……そんな女性の胸中を考えると、心が痛みます。精子の検査なんて、基本的に自分で射精したものを提出するだけだから簡単じゃん。女性の不妊検査みたいに痛い思いをすることもほとんどないのにそれをできないなんて、超~チキン! そうじゃなくてプライドの問題だよ、ほら、男のほうが繊細だからという声も聞かれますが、女性にプライドがないとでも? 女性だって繊細です。

◎精子よりも、精液が気になる

 この精子観察キットでは、病院に行かずに精子の状態を確認できます。もちろん、たくさんのオタマジャクシがウヨウヨ泳いでいても、それがすべて正常な精子とはかぎりません。医療器具ではないので、何らかの診断を下すことも不可能です。でも、自分の精子と向き合う最初の一歩をこんなカジュアルな形で体験できるのであれば、それは決して無意味ではないはず。まあ、「自分の精子と向き合わない」と「この観察キットでまずは精子を見てみる」のあいだにある河をひらりと渡れる人は、そもそも「病院に行って不妊検査を受ける」のあいだにある大河も渡れる人なんでしょうけどね。道具がいくらカジュアルでも、向き合わない男は向き合わないから。

 さて、「精子を見てみない?」と声をかけた相手が、なぜホモくんなのか。ゲイ男性で、将来的に子どもを持ちたいという希望がない彼は、「俺の精子」について一生考えずに済む可能性が高いからです。そんな私の思惑を汲みとってくれて、「見る、見る!」とまさにふたつ返事で引き受けてくれたホモくん。お礼はHOT TENGA(あったかオナニーを楽しめるTENGA)です。かつて、「バキューム式オナホって気持ちいいの? 男性グッズについてゲイ男子と語る」という記事に協力してくれたこともありましたが、彼は超TENGA愛好者なのです。

 いざキットを使ってもらうその前に、ホモくんの「精子観」を聞いてみましょう。

ーーいままで自分の精子について考えたことってある?

ホモくん「セックスやオナニーについて考えたことはあっても、自分の精子について深く考えたことはないなぁ。『精液がたくさん出る=俺のチンコは元気! だから精子も元気!』ぐらいの認識だから、どっちかっていと精液のほうが重要」

ーーあ~、なるほど。ヘテロ間のセックスでも男性って、精液の量と質を気にする傾向は強いよね。

ホモくん「それ、ゲイでもあるある。『勢いよく出して!』とか『たくさん出してくれてうれしい』とかいうのも聞くから、出される側も精液にこだわってるのは、ゲイならではかな」

ーーそれって、やっぱり気持ちいいから? 泌尿器科の先生によると、「男性が快感を感じるのは、精液が尿道を駆け抜けるときだから、精液の勢いが強いほうが快感の度合いが強いし、量が多いほうが快感が長く続く」ってことらしいけど。

ホモくん「何日間か溜めて出すと、量が多いから気持ちいい! だから俺、亜鉛のサプリ飲んでるし。精液の量めっちゃ多くなるよ。それから、尿道に力を入れたほうが、射精の勢いがよくなってイイよね……あくまで個人の感想だけど」

◎精子がいなかったら、どうしよう

ーー精液については語るねぇ。

ホモくん「俺、自分の精子好きだもん。だから、嗅いだり舐めたりするのも抵抗ないし」

ーーそうなんだ! フェラからの口内射精からのキス、ってイヤがる男多いけど。

ホモくん「ゲイでも多いと思うよ。いまの話をゲイ友だちにしたら、『まじで変態じゃん、自分の精液なめるなんて気持ち悪い』いわれたから。他人の精液についても、『自分の精液だって手に付いただけでイヤなのに、他人のは触りたくない』っていう人もいる」

ーー「ぶっかけ」とかのイメージが強いせいか、私はなんとなく精液=男性の征服欲の象徴みたいに感じているところがある。ぶっかけには「女を汚す」感もあるし、精液=汚いと感じている女性はけっこういるんじゃないかな

ホモくん「ヘテロもゲイも、男にとっては征服欲よりも雑菌的なイメージで精子=汚いって思ってるじゃないかな。出すのは気持ちいいけど手にかかるとイヤっていうのは、オシッコと同じ感覚なのかもね。あるピンク映画監督の女性が『自分が汚ねえと思うもん、女の口に出すんじゃねえ!』っていってたけど、俺もそう思う。超名言!」

ーーほんと全ヘテロ男子に復唱させたい名言! 本来は精液って、精子を卵子まで届けるための装置みたいなものだけど、よくも悪くも男性の思い入れは強いんだね。で、今回はその精液のなかで泳いでいる精子を見てもらうわけだけど、意気込みというか、いまの気持ちはどう?

ホモくん「そりゃ心配だよ~。俺、大人になってからおたふく風邪に罹ってるから、その影響で無精子症になっていたらどうしよう。精子がいても元気に動いていなかったら、身体のどこかが悪いんじゃないかって心配になるだろうし。いま飲んでる処方薬の影響はあるのかな……とか」

◎男たちよ、精子と向き合え!

ーーホモくんは、子どもが欲しい願望はないっていうけど、それでも精子の状況がそんなに心配なんだ。

ホモくん「うん、不思議だよね。精子の状態がどうであれ、人生にもセックスライフにも何の影響もないのに。ヘテロ男性で、妊活目的でこのTENGA メンズルーペを使おうとしているんなら、なおさらドキドキするよね」

 話を聞いているうちに、精子観というよりは、精「液」観になりましたが、男性の思い入れは「精液」と「精子」とのあいだで明らかな温度差がありそう。精子=子どもを作れる能力が如実に示されるからなのでしょう。男性の精子への無関心は、「男子たるもの、子どもを作れて当然」「種ナシは、男として無価値」という、強すぎる社会規範の裏返し。目に見えないのをいいことに、視界に入れたくないのです。

 私も、もし自分の卵子を目の当たりにして「これに欠陥があるので、あなたの妊孕能(=にんようのう、妊娠する力)は低い!」といわれたら、ショックだろうな。ゆえに男性の気持ちもわからなくもありません。けど、妊活においては現状を知らないと何もできないことが多いのも事実。TENGA メンズルーペは、その男性の「精子と向き合いたくない」感を揺さぶることができるのか。次週、ホモくんの精子観察体験を報告します!

■桃子/オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  4. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  7. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  8. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  9. “○○が面倒くさい”芸能人
  10. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  11. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  12. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  13. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  16. 月9イケメン俳優3人の業界評は?
  17. 男性保育士問題へのリアルな本音
  18. 清水富美加に教えたかったこと
  19. 「親の弱さを知る」意味
  20. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!