仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

あのショーケンに上から物を言う妻・冨田リカ、その奔放すぎる生き方の妙

syo-kennoyome.jpg
冨田リカ(萩原リカ)オフィシャルサイトより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「臭いからやめてほしい」冨田リカ
『ダウンタウンなう』(フジテレビ系、5月27日)

 法律的な観点で、結婚とは何かを考えると、「配偶者と一生セックスする義務と権利」であると言える。配偶者以外とセックスをすることや、正当な理由なしにセックスを断ることは、離婚裁判では、結婚を継続できない理由として認められるのだ。

 ということは、配偶者以外とセックスしたい人、また配偶者以外に恋をした場合、セックスもしたいと思う人は、結婚には向いていないということである。

 そういう意味で、俳優・萩原健一の夫人、冨田リカはまったく結婚に向かないタイプといえるだろう。冨田は41歳の時、「STORY」(光文社)で読者モデルとしてデビューを果たす。20代の頃に芸能界にスカウトされた美貌やスタイルは健在で、かつ夫(飲食店プロデューサー)が資産家であったことも、冨田の人気を高めた一因だろう。冨田はカリスマ主婦モデルとして、『スッキリ!!』(日本テレビ系)でコメンテーターを務めるまでになる。

 冨田の勢いは止まらない。「美STORY」(同)の企画で、大ファンだった俳優・“ショーケン”こと萩原健一と対談した冨田は、「すてきなお友達になりましょう」と提案する。本当にお友達でいればよかったのだろうが、「女性セブン」(小学館)に、ショーケンと手をつないで歩く写真が掲載された。同時期に、夫との離婚届を提出していたことから、不倫を疑われることになる(冨田本人は、FAXで「有意義な人間関係」と主張したが)。

 ショーケンとの不倫疑惑で思わぬ脚光を浴びた冨田は、女性週刊誌に「実は20代の頃に結婚して、一子をもうけるが2年あまりで離婚。原因は冨田の男性関係」「2度目の夫と結婚している際も、恋人がいた」などと書き立てられる。一般的に、カリスマ主婦モデルの条件は、「高収入の夫と円満なこと」であるため、報道の真偽は別として、冨田にマイナスイメージを与えたことは間違いない。

ショーケンもう1人の女、寂聴も相当上手な女よ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと