• 「新ジュニア情報局(仮)」がようやくオープンもファンは早速混乱中
その他
【ジャニーズ研究会レポート】

受け付け終了から約3年……「新ジュニア情報局(仮)」がようやくオープンもファンは早くも混乱

 出演番組や番組協力、コンサート情報の告知など、ジャニーズファンがアイドルを応援する中でもっとも頼りにしているのがファンクラブの存在。CDデビューを果たした、いわゆる“デビュー組”の多くのグループには単独のファンクラブがあり、メールなどで細かに情報を配信している。一方、ジャニーズJr.の情報を得られるファンクラブのような存在が「ジャニーズJr.情報局」。会員番号や会員証を発行するほか、コンサートや舞台のチケット、番組協力の申し込みを受け付けていた。

 しかし、2013年4月に、突如Jr.情報局側が「入会・継続の受け付けを終了する」と、会員へのメールやジャニーズ公式サイト「Johnny’s net」で告知。理由としてリニューアルが挙げられていたが、その後は音沙汰もなく、ファンの不満が高まっていた。

 メール情報サービス「ジャニーズJr.情報メール」で出演情報告知やコンサート申し込みなどの救済処置はされていたものの、番組協力の申し込みは不可。また、タッキー&翼の滝沢秀明がプロデューサーを務めてジャニーズJr.の魅力を紹介する動画サイト「滝CHANnel」は16年2月にサービス終了、とJr.人気に反して、ファンを囲む環境は厳しくなっていた。

 それが、6月1日に急遽、「Johnny’s net」に「新ジュニア情報局(仮)」の登録方法が掲載された。「Johnny’s net」によると、「ジャニーズJr.情報局が『新ジュニア情報局(仮)』としてリニューアルします!! 11月のリニューアルにむけ、現在、プレオープンとして新規会員登録の事前受付を開始いたしました」とのこと。「(仮)」という不安な名称は、あくまでプレオープン段階のものと思われる。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク