その他
【ジャニーズ研究会レポート】

セクゾ・KAT-TUNから野球大会、“走る嵐”特集まで! 全ジャニーズファン満足の「J-GENE」7月号

j-gene1607.jpg
「J-GENERATION」2016年7月号(鹿砦社)

 ジャニーズ専門グラビア誌「J-GENERATION」(鹿砦社)。2016年7月号はSexy ZoneやKAT-TUNのコンサートをはじめ、複数のジャニーズタレントが出演した『“東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会』など、多くのイベントレポートが1冊に詰まっている。

 まず、巻頭特集はSexy Zoneの『Welcome to Sexy Zone Tour』のフォトレポートで、今号では3月25日・26日に名古屋の日本ガイシ スポーツプラザ ガイシホールで行われた公演の模様を大放出。このコンサートは“5人体制”復活後初のステージとなっただけに、5人のカットはもちろん、安定の人気を誇る中島健人&菊池風磨、ぬいぐるみがたくさん付いた衣装で歌うキュートな松島聡&マリウス葉ら、ユニット曲の写真も。5人のソロページは見開きで、「MCいいとこどり!」(25日)も付いた全19ページの特集となっている。

 次に紹介するのは、4月13日に開催された『“東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会』レポート。この日は、4年ぶりにジャニーズの『野球大会』が行われ、近藤真彦や少年隊・東山紀之を筆頭に嵐・二宮和也、KAT-TUN・亀梨和也ほか、Sexy ZoneやジャニーズJr.まで参加。また、サプライズゲストとして、NEWS増田貴久、Kis-My-Ft2メンバー(玉森裕太、千賀健永、宮田俊哉)らも登場しており、今号は試合後のショータイムまでバッチリ収めている。野球経験者・亀梨&二宮の凛々しい表情や、Jr.の岩橋玄樹、岸優太、高橋優斗の勇姿も含めた充実度の高いレポートだ。

 16ページの大ボリュームを使っているのは、「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“ 10Ks!” レポート」。5月1日の東京ドーム公演で充電期間に入ったKAT-TUNが、4月3日にナゴヤドームで行ったコンサートの模様をまとめたもので、「大爆笑コントも復活! 中丸クリニック」「TEN-G(テングー)の姿で目覚まし時計の収録」とツアーの目玉となったシーンを掲載。“3人のKAT-TUN”に早くも飢えているファンはぜひチェックを!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー