なぜAKBを続けているのかが最大の謎

AKB48・島崎遥香、総選挙「速報17位」の衝撃!! 「自業自得」「オワコン」とアンチ大興奮のワケ

1604_paruruinsta.jpg
ファンってね、案外薄情なものなのよ

 今年で8回目を迎える「AKB48選抜総選挙」。現在、初日開票速報が1日に発表され、1位はAKB48・渡辺麻友、2位にHKT48・指原莉乃、3位にSKE48・松井珠理奈と選抜メンバーの常連が名を連ねている。しかし、秋元康のお気に入りといわれ、最近では女優業にも力を入れている人気メンバーが17位という低空スタートを切り、ファンに激震が走っている。それは、“塩対応”で知られるAKB・島崎遥香だ。

 島崎は、前回総選挙では、速報が7位、最終結果は9位を記録している。当時、「メディア露出が多い割に、順位が伸びなかった」(芸能記者)といわれ、島崎自身もショックを受けたのか、スピーチでは号泣しながら、「私たちに力を貸してください」とファンに懇願していた。

「ところが今回の速報は、前回をかなり下回る17位発進。最終結果で、順位が上がる可能性はありますが、トップ10に入れないかもしれません。現在、ドラマ『ゆとりですが、なにか』(日本テレビ系)で、主演の岡田将生の妹・ゆとりを演じて好評を博しているほか、先日発売のアイドル誌『B.L.T.』(東京ニュース通信社)の表紙に、アイドルらしくない、クールな出で立ちで登場し、ファン以外からも『かっこいい』『渋い』『ぱるるには、こういったスタイルの方が似合ってる』などと絶賛されていますが、お金を使ってくれるファンからは見放されてしまったようですね」(同)

 島崎のランクダウンの原因について、「男性ファンをないがしろにした言動を繰り返したから」(同)とも指摘する。バラエティ番組で「仕事で嫌なもの見たら、イケメンで癒やされます」と、「ファン=嫌なもの」と受け止められるような発言をしたり、ファッションフォトブック『ぱるるのすべて(仮)』(主婦と生活社)の発売記念握手会の参加者を「女子限定」にしたりと、徹底して男性ファンを遠ざけてきた。

「ほかにも、インスタグラムを通して、ジャニーズJr.との親密関係が発覚するなど、島崎は前回の総選挙で『力を貸してください』と訴えたにもかかわらず、その真逆の言動を取っている印象です。そのせいで、多くの男性ファンを失っただけでなく、大勢のアンチがついてしまいました。総選挙速報の結果に、アンチは『ざまぁみろ』と思っているようで、『最近のバラエティでの自由すぎる発言や態度には、さすがに呆れた。ファンをバカにしすぎ』『圏外まで落ちると思ってたわ』『オワコンってこと』『ファンは確実に減ってる、自業自得だ』など、ネット上では厳しい意見が飛び交っています」(同)

 秋元からの強力なバックアップにより、仕事は順調そのものに見える島崎。総選挙の順位が大幅に落ち込んでも活動に支障はなさそうだが、果たして島崎は今年も、総選挙のステージで涙を見せるのだろうか?

こういう「上司に可愛がられて、調子乗ってる若手」ってよくいる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー