でもなんだかんだで見ちゃう!

B級映画スターといえども……ニコラス・ケイジ主演の信じられないほど退屈なB級映画5作品

NicolasCage02.jpg
こんなに愛される俳優もなかなかいないのに!

 渋くて野性的なおじさまに見えるかと思えば、サエない中年オヤジに見えるという不思議な存在なのが、ニコラス・ケイジ(52)。表情豊かで、特に悲愴感を漂わせたら右に出る者はいないと称されるベテラン俳優だ。フランシス・コッポラ監督をおじに持つサラブレッドとしても知られ、若くしてアカデミー賞主演男優賞を獲得している名優である。

 超一流俳優のニコラスは、アカデミー賞獲得後、どんな作品にも意欲的に出演。オファーされた瞬間に断れなかったのかと思うような“B級映画”にも次々と主演し、いつの間にか「史上最強のB級映画スター」と呼ばれるように。ネット上はB級映画で熱演する彼のコラージュ画像であふれ返り、映画の広告ポスターにニコラスの姿があるだけで、B級感が漂うようになってしまった。今回は、そんなニコラスが主演したB級映画の中からよりすぐった「信じられないほど退屈になる」5作品をご紹介しよう。

■『ウィッカーマン』(2006)

 1973年にイギリスで製作されたカルト・ホラー映画の傑作『ウィッカーマン』。敬虔なキリスト教徒の警部が、孤島で行方不明になった少女を捜すため単身で乗り込む。彼は、古代ケルトの男根崇拝主義的な原始宗教を信仰する島の住民たちの異常行動に精神的に追いつめられ、最後は生け贄として焼かれ死ぬという物語で、「キリスト教徒が異教徒に殺される」という内容がタブーだと世界中で物議を醸した。

 これを天下のユニバーサル・スタジオがリメイクしようと企画を練り始めた。しかし、作品の衝撃度から、人が集まらない。そんな時、「ぜひ!」と手を挙げたのがニコラスだった。オリジナル作品が公開されたとき、まだ9歳だったニコラスは、「あの映画を見たとき、めちゃくちゃ動揺したのを覚えている。このオレを不穏にさせる映画っていうのは、パワフルな映画だってことだなんだよ!」と大張り切り。主演だけでなく自分の映画制作会社「サターン・フィルムズ」も製作として参加すると表明した。

 が、仕上がったリメイク版『ウィッカーマン』を見た観客は唖然としてしまう。ニコラス演じる主人公エドワードが、車の炎上事故を目の当たりにして不眠・幻覚などの精神的ダメージを受ける冒頭のシーンについて、「意味のないもので、続きを見る気がうせる」という人が続出。その後、失踪した婚約者から突然「行方不明になった娘を捜してほしい」と連絡を受けて孤島に渡り、原始宗教を崇拝する住民におびえるという展開になるのだが、もともと精神的ダメージを受けているからか、エドワードはやたらと動揺。床の底は抜けるわ、蜂に襲われるわ、派手な効果音と共にドタバタが続き、ニコラスのオーバーな演技に笑いが込み上げてきてしまう。

 極め付けは、クライマックスとなる、エドワードが生け贄にされるシーン。じわじわと恐怖心を盛り上げていく重要な場面なのに、“哀れな男役ならピカイチ!”のニコラスが、必要以上に「オーマイゴーッド!」「蜂~っ!」「ぎゃぁー!」と泣きわめくため、台無しに。オリジナルの素晴らしいポイントがどれ1つとして描かれておらず、カルト的雰囲気もなし。駄作で後味が悪いと酷評され、ゴールデンラズベリー賞の最低男優賞、最低作品賞、最低脚本賞、最低リメイク&盗作賞、最低スクリーンカップル賞(しかもニコラスとクマのスーツというもの)にノミネートされてしまった。

 同作だが、製作費4,000万ドル(約41億円)に対して興行収入は3,880万ドル(約40億円)と赤字に。多くの観客から、「見て後悔した映画ナンバーワンだ」「この作品以上につまらないものはない」「金返せ」と悪態をつかれてしまった。

「ボケかけている元スパイが、死にかけてるテロリストに復讐」って情報量多すぎ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク