湯山玲子氏×二村ヒトシ氏『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』出版記念

湯山玲子×二村ヒトシ×カンパニー松尾と考える、“M女”からの解放と“女性向け”性コンテンツの方向性

yuyamanimuramatuso.jpg
左からカンパニー松尾氏・湯山玲子氏・二村ヒトシ

 『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(幻冬舎)を上梓した、著述家・湯山玲子氏とAV監督・二村ヒトシ氏が、5月18日にインターネットストリーミングサイト「DOMMUNE」で、トークイベント「実写版『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』」を開催した。恋人のいる若者は減り、結婚するのも難しければ、夫婦間でのセックスレスも当たり前になったニッポンの男と女。「実際のセックスは面倒だ」と、セックスへの絶望が男女問わずに深まっている。どうしてこのような事態になったのか、前半は本書の概要を解説しながら語り合った。

■女性の性欲の発露としての「M女」志願

 イベントの前半では、夫婦間、もしくは長年のパートナーシップでは「セックスレスは大前提として考えなければならない」という指摘が2人からなされた。その状況を助長しているのが、男女の意識の乖離である。

「女性の性に関するタブーは昔よりは相当なくなってきてはいるが、一般的に、女性が自分から『欲しい』と言えば、まだまだ『好きモノ』とされ、ネガティブなイメージが付いて回る。ということは、女性は相変わらず“待ちの姿勢”と数々のモテノウハウで、男性の攻撃性を誘発し、自分に向かってくることで安心を得る。男性の性衝動を誘発するという意味で、M女を自認する女性が増えている」(湯山氏)

 女性はセックスにおいては意思を出さない「受け身」が基本であり、日本のセックス文化には、支配(男性)と被支配(女性)という立場の高低差が内在しているという。しかし男の領域だった仕事の現場に女性が進出し、「エライ」の正体がバレたことで、男女の高低差がつくりにくくなり、欲望のスイッチの役目を果たさなくなってきた。ちなみに、男女の高低差を基本として欲情回路を求めてきたのが、AVコンテンツである。

 二村氏は、「かつてはセックスの情報が少なく、パートナーと2人で試しながら気持ちがよくなる方法を探したものだった。現代では、男はAVをたくさん見ることでセックスをわかった“つもり”になり、目の前の女性の容姿や行動が“AVの中の女性を超えるものではない”と、しらけてしまう。一方、女性は男性から求められることで自分を肯定できたはずなのに、男性が目の前にいる自分をきちんと求めてくれないから、結局セックスは自分を肯定するものではなくなってしまった」と語る。

 この現状に愛想を尽かしてしまったのが女性。「かつて女性の性欲はないものとされてきたけれども、近年では、ゲームなり漫画なりAVなり、女性のファンタジーを表現したエロコンテンツが隆盛し、女性が男性相手にわざわざ“M女”志願をし、軽蔑されることで萌えるという『嫌な道』を通らなくても、スマホで手軽にマスターベーションすることで、性欲を発散できるようになった。“男がいなければ、自らの性欲を満たしてもらえない”というのはウソだと気付いたんです。とすれば、男いらず。このままでは恋愛の現場すら失われ、セックスは特別な愛好家だけが楽しむ贅沢品になるのではないか」と湯山氏は語る。

■“名誉男性”のサブカル女子が『テレキャノ』を笑う

 トークショー後半は、AV監督のカンパニー松尾氏がゲスト出演し、『劇場版 テレクラキャノンボール 2013』の話に。同作は、AV監督たちがバイクやクルマで移動し、各都市で素人女性をナンパしてセックスする様子を撮影。その結果によるポイントを競っていくドキュメンタリータッチのロードムービー。セックス相手の女性が40代の場合は減点され、18~19歳は加点、顔を出すと加点などのルールがある。2014年に全国で上映され、1万人動員という異例の大ヒットとなった。

 湯山氏はこの作品について、15年2月12日にウェブサイト「幻冬舎plus」で公開された松尾氏との対談(現在は、『「劇場版テレクラキャノンボール2103」が教えてくれる男と女とその時代』として発売中)で、「女性を蔑視することが、こんなにも勃起の動機となり、マウンティングして順位付けすることで欲情を掻き立てるストーリーがいまだにこんなに強固なのか」「デブで中年でブスな女が肉食だとすると、男からも、女からも蔑まれてしまう」などと批判、特に劇場で男たちと一緒に笑っていた「女」に怒髪天を衝いていた。

トーキョーはセックスがどんどん難しくなる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

湯山玲子×二村ヒトシ×カンパニー松尾と考える、“M女”からの解放と“女性向け”性コンテンツの方向性のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! スポットのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 叩かれた“主婦タレントの手料理”
  3. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  4. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  5. 成宮寛貴、“友人A氏”の意外な今
  6. 『東京タラレバ娘』最終回にクレーム!?
  7. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  8. “クズすぎる男性タレント”暴露
  9. 1月期ドラマのワースト&ベスト
  10. ベッキーにスタッフ怒りのワケ
  11. 渡辺直美に見る「女の生きづらさ」
  12. GACKTの“男性器”は改造しまくり?
  13. Mattに願う、たった1つのこと
  14. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  15. 『べっぴんさん』明美の一言が大反響
  16. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  17. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  18. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  19. ジャニオタがハロプロ番組を見たら
  20. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ

ジャニーズの人気記事

  1. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  2. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  3. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  4. ジャニオタがハロプロ番組を見たら
  5. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  4. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!
  5. 「GINGER」流“隙のある女子”とは

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  3. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  4. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  5. 若くして祖母になったセレブ