中郡暖菜氏×嶋浩一郎氏トークイベントレポ

「LARME」女子とは何者か? ファッション、SNS、男性観に見る“新種のギャル”像

LARME022.jpg
「LARME 022」(徳間書店)

 「甘くて、かわいい(はぁと) 女の子のファッション絵本。」を謳い文句に、出版不況のなか異例の「発行部数20万部超」となっているガーリー系ファッション誌「LARME」(徳間書店)。編集長の中郡暖菜氏は、伝説のキャバ嬢向けファッション誌「小悪魔ageha」の元編集部員であり、26歳という若さながら1人で「LARME」を立ち上げたという。先日「B&B」にて、中郡氏と博報堂ケトルの嶋浩一郎氏によるトークショーが開催され、「LARME」人気の秘密や読者の実態、同誌と「小悪魔ageha」の根底に共通するという“ギャル”のメンタリティについて語られた。

■「モテなくていい」LARME女子の生態
 中郡氏いわく「男ウケは気にせず、ひたすらガーリーを追及する雑誌」という「LARME」。具体的には、どのような読者が多いのだろうか。「LARME」が最も購入されている地域に渋谷、大阪、名古屋などの「若い子がたくさんいる大都市の書店」を挙げたうえで、中郡氏は以下のように説明する。

「平均年齢は20歳で、一番多く購入しているのは18歳の方。お洋服とかメイクに対しての意識がすごく高いです。男ウケやブランドよりも、自分の好きなメイク・ファッションを大事にしている。あとは可愛い女の子が好きな女の子が多いですね」

 「モテなくていいんだ!?」と驚く嶋氏に、中郡氏は「モテとかよりも、可愛い女の子を見る方が好き、という子が多いです」とあらためて強調した。読者が「LARME」を読むのは、美容知識などの情報を収集するためだけではなく、「写真集を眺めるような感覚」(中郡氏)なのだという。実際に中郡氏の方も、「LARME」編集のモットーとして「タイトルやキャッチコピーを“デザインに溶け込ませる(=読みにくくても可)”」ことを挙げており、アート重視の誌面作りという狙いは当たっているようだ。

 また「LARME」の読者が盛り上がるイベントも、男の子が絡むことの多いクリスマスやバレンタインより、女の子同士で遊べるピクニックやハロウィンが人気なのだそう。読者によるSNSの特徴的な使い方についても、

 「自慢やリア充アピールのためにはあまり使っていないようです。セルフィーを撮りまくるわけでもなく、それこそ女の子同士でローズガーデンに行って、薔薇の写真をアップしたりしています。それから、フィルターやフレームなど、写真の加工を統一している子も多いですね。あとは肉とかもアップしません。可愛い小物とかを、布を敷いて撮影したりしています」

「可愛い女の子が好き」と言える、内に秘めたLARME女子の自信よ!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー