[ジャニーズツッコミ道場]

楽しそうなKinKi Kidsに、佐藤健は疎外感? ゲストを“背景”にしてしまう「2人の世界」

kinki-live.jpg
うちの子たちがかわいすぎてごめんなさ~い♪

 どこでも、誰が相手でも、自然と自分のペースにしてしまうのが得意なタイプがいる。例えば若手でそれを強く感じるのが佐藤健。どんな目上の人や大物に対しても、緊張や媚び、怯えを見せず、とことん強気で、堂々としているから、異性はチヤホヤするし、同性は気を使う。いわゆる「スクールカースト上位」感ある典型的なタイプだと思っていた。

 そんな健が、珍しく所在なさそうで、哀れに見える番組があった。それは、5月22日放送分『KinKiKidsのブンブブーン!』(フジテレビ系)。健の希望は、「最新アミューズメントパークで遊びたい」というもので、まず行ったのは池袋のアミューズメントパーク。「夜景を見ながら手を繋ぐと、夜空が2人の相性を教えてくれる」という夜間限定のアトラクションを試そうと、ガイドの女性に促されて手をつないだのは、健ではなくKinKiの2人である。

しかし日中で夜景は見えず、「オレンジに変わったよ~(本当は明るくて何も見えない)」→「ごめんなさい。おっさんが手繋いでるだけ!」と剛がノリツッコミすると、光一はニコニコ。健は完全に背景となっている。

また、「優しく撫でると音が鳴ったり光ったりする雲」のアトラクションでは、ノリノリで撫で回しながら「私はコレを20年間やっている」と言う、芸術家(職人?)風の剛のボケに「アハハハ、アハハハ」と誰よりうれしそうに笑い、「剛、すごい。すごいね~。今日一番面白い」と絶賛する光一。さらに、次の「さまざまな天候を疑似体験できる」アトラクションに対して、「これ、今までで一番すごいかもしれない」と健が言っても、光一は「今までですごいのは、20年間やってる人(剛)。あれ、すごいよ~」。

 さらに、メインアトラクションの人間大砲型マシンで未来の東京名所を巡るというアトラクションでは、定員が2名であることから、じゃんけんで勝った剛が健と乗ることに。VRゴーグルをつけ、「うわ~ちょっと危ないよ~」「うわっ飛んだ! こういちぃ~! こういちぃ~!」と、ハイテンションでおどける剛を見ながら、「楽しそうやな」と光一はやっぱりニコニコ。

 そして、その間、健はアトラクションに乗っているにもかかわらず、ビックリするほど終始無言を貫いていた。「おい健、もうちょっと叫ばんか~い! こっちは仕事しとんねん!」と剛がおどけて叱ってみせても、うっすら笑うだけ。

だが、もともとカメラは前面に剛と、それを見守る光一をしっかりとらえたままで、ゲストなのに、健は背景のように映り込み、時折アップになるだけ。放置プレイが気に入らないのか、健はアトラクション終了後も、ほぼ無表情で「めっちゃ面白いっす」と言うだけだった。

どつよさんに笑いかける光一さんの図を「平和」という

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー