[ジャニオタ茶飲みトーク]

ジャニーズ「ホモセクハラ告発」の変遷、『紅白』とSMAPの力関係……驚愕のマスコミ制御術

ジャニーズチェックに連日精を出すジャニオタ2人が、アイドル誌を眺めながらよもやま話をダベり中!

jhonnys50.jpg
『【増補新版】ジャニーズ50年史』(鹿砦社)

B美……28歳 人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニオタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。
C子……34歳 デビュー組からジャニーズJr.に降りたばかりの月刊誌編集者。好きなアイドルは若い子。

B美 今年ももうすぐ後半に差し掛かろうとしてるけど、ジャニーズはSMAPの解散騒動に続き、Hey!Say!JUMP・中島裕翔のスキャンダルとか、いろいろ事件が絶えないね。

C子 私、3月に発売された『ジャニーズ50年史』(鹿砦社)って本を読んだんだけど、衝撃的なことがいっぱい書いてあったよ。ジャニー喜多川社長のホモセクハラ問題とかね。

B美 あぁ……。ホモセクハラの一件、聞いたことはあるけど実際どんな話かは深く知らないや。たしか、元ジャニーズの人たちが事務所を辞めた後に暴露したんだよね?

C子 一番初めにホモセクハラ関係が表沙汰になったのは1967年のことで、証人として「ジャニーズ」のオリジナルメンバーが出廷したんだって。

B美 えぇ~!! あおい輝彦とか、2013年にA.B.C‐Zが出演した舞台『ジャニーズ伝説』を激励に訪れたり、退所してからもジャニーズ事務所に協力してたのにね。

C子 でも、出廷しただけで、ジャニーさんのセクハラ行為は認めなかったとか。というか、この裁判のメインはホモセクハラに関することじゃなかったから、糾明されなかったみたいよ。

B美 そうなんだ。じゃあ、最初に正面切ってホモセクハラを暴露したのって、誰なの?

C子 元フォーリーブスの北公次が、1988年に『光GENJIへ』(データハウス)という本を出したの。ジャニーさんとの性行為や、“秘め事”は4年半に続いたとか、生々しく被害を告白してるんだよ。この『ジャニーズ50年史』によると、北は後に暴露本を10冊以上出してて、初代ジャニーズの中谷良をはじめ、平本淳也、木山将悟という人たちも同様の本を出版してるんだって。

B美 詳細は把握してないけど、書籍名は知ってるわ。しかも、北公次の本名って「松下公次」だけど、ジャニーさんが自分の苗字の「キタ」から名前をつけたんだよね。ジャニーさんの愛情表現、凄まじいな……って思った。正直な話、自分はホモセクハラの実態を聞いても現実の話とは思えないんだ。ほら、親が子どもに自分たちの名前からとって命名することもあるし!

ジャニーズ事務所にも社史として活用いただきたいレベル

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!